MENU

育毛シャンプーは効果なし!薄毛解消と見せかける2つのウソ

髪が薄くなってきたとき、育毛剤と並んで真っ先に検討する方も多いシャンプー。

 

 

市販でも通販でも、いろいろなシャンプーが売っていますよね。

 

 

頭皮を清潔にしたり、髪が育つ成分を使っていたり。ただ実際の所は・・

 

 

そもそも、髪を生やす目的でシャンプーしても、意味がないのです。

 

 

「どうしてシャンプーだと駄目なのか?何がいけないのか?」

 

「シャンプーが駄目なら、育毛剤に頼るしかないのか?」

 

気になる疑問について、お答えします。

 

 

育毛シャンプーの2つのウソ

 

 

スカルプD、ポリピュア、サクセス・・たくさんの育毛シャンプーが売られています。

 

 

育毛に関するヘアケア製品の市場は、2274億円と言われています。

 

 

いかに多くの男性が、薄毛の予防・対策に使っているのかがよくわかりますよね。

 

 

水を差すようですが、こうした市場にお金を落とすべきではないのです・・

 

 

広告では都合のいいように、宣伝することができます。

 

 

ですが、利用する側としては正しい判断基準を持ちたいところです。

 

 

ウソその1:皮脂を取り除いてキレイにすれば良い

 

 

「薄毛の原因は毛穴汚れ」

 

 

いかにも、本当のことのように思えるフレーズです。頭皮が汚れて毛穴が詰まると、髪に栄養が行かずに抜け毛になると。

 

 

こうした売り込みをしているのは、シャンプー業界と育毛サロンくらいです。

 

 

皮脂汚れをしっかり落とせば、元気な髪が生えてくるのは「真っ赤なウソ」。

 

 

皮脂がそもそも頭皮をふさぐことはありません。

 

 

もし仮に頭皮をふさぐのであれば、皮脂腺が最も多い頭皮はみんなハゲてしまうことになります。

 

 

もともと皮脂は、頭皮の水分を保ち、保湿するために必要な「膜」。

 

 

毛穴から生えてくる毛髪を妨げることはありません。

 

 

そもそも、毛が生えてこなくなるのは毛穴がふさがれることではありません。

 

 

男性の脱毛で、頭頂部や生え際が薄くなるのはAGA(男性型脱毛症)。

 

 

AGAは髪を生やす「毛母細胞」がダメージを受けてしまうことが全ての原因です。

 

 

毛母細胞は髪の毛の根元にある細胞。皮膚の表面にある毛穴とは正反対の場所にあります。

 

 

皮脂汚れを落とせば、育毛できる。というのは業者の巧妙な売り文句と考えておきましょう。

 

 

ウソその2:有効成分が、発毛を促進する

 

「特許を取得した○○成分が、髪に栄養を与える!」

 

「男性ホルモン抑制には、この成分が有効!」

 

 

いかにも効きそうですよね。ただし、シャンプーに含まれる有効成分は、あくまで「自称有効成分」です。

 

 

客観的に効果が、認められていない成分。

 

 

厚生労働省は成分を使うことは認可を出しても、薄毛の治療に有効という意味で認可してません。

 

 

その辺をうまくごまかして広告を出している育毛シャンプーが多いので、注意した方が良いです。

 

 

有効成分が、自社で勝手に作り上げた「髪に効く成分」だということ。

 

 

そそもそも、シャンプーは薬事法によれば「化粧品」なのです。

 

 

化粧品が皮膚の中にある「毛母細胞」に届くわけがないのですよ。

 

 

化粧品と一緒です。皮膚の表面の角質層と呼ばれる部分にしか浸透しません。

 

 

毛包や毛母細胞など、髪の成長に関する細胞は「皮下組織」にあるのです。

 

 

皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」の3層構造です(大まかに言えば)。育毛シャンプーは表皮の角質層にのみ浸透するものです。

 

 

有効成分そのものが怪しいですし、きちんと髪を作り出す場所に浸透するのも怪しいのです。

 

 

シャンプーの本当の目的を考えて下さい。頭皮のホコリや皮脂汚れを取り除き、地肌を洗浄すること。育毛という役割を持たせることに無理があるのです。

 

 

抜け毛を減らす、髪の毛を増やす目的でシャンプーを買うのは辞めた方が良いです。お金をかけるポイントが「ずれて」います。

 

 

育毛剤も、効果ない

 

 

「じゃあ、育毛剤も効果ないの?」ここまでご覧になった方は、育毛剤も無理だと言うことはなんとなくイメージがついているかもしれません。

 

 

シャンプーよりは、効果があります。ただしダイレクトに育毛対策はできません。

 

 

育毛剤は皮膚に浸透させるよりも、毛穴から吸収浸透させる働きがあります。

 

 

ですので、成分の浸透に関しては問題がありません。

 

 

ただしネックになるのが、有効成分。シャンプーの時と同様に、国が効果を認めた成分というのはほとんど使われていません。

 

 

厚生労働省が認めた成分、それは「ミノキシジル」です。『AGAの治療薬として』認可が出ている成分なのです。

 

 

ミノキシジルは頭皮の血行を促進します。実は頭皮の血行を促進するだけでは、AGAは改善できません。

 

 

あくまで「ミノキシジル」を使って、頭皮の毛母細胞に栄養分や有効成分が浸透しやすくする「手助け」のためのもの。

 

 

プロペシアでAGAの進行を抑えつつ、ミノキシジルでプロペシアがしっかり浸透するようにサポートする分には、意味があるのです。

 

 

育毛剤単体で薄毛を良くすることは不可能です。

 

 

優先すべきは、まずプロペシア(正確にはプロペシアに含まれるフィナステリド)。

 

 

育毛シャンプーにお金をかけるなら、まずプロペシアを検討するのが良いでしょう。