MENU

ハゲだと彼女できないのは言い訳!女子と薄毛の攻略法

若いのにハゲてしまうと、異性と付き合うことが絶望的に感じてしまうもの。果たして本当にそうなのでしょうか。

 

 

恋愛もしたいし、将来的には可愛いお嫁さんをもらいたいと考えるのは自然なことです。

 

 

ですが頭が薄いと、恋愛対象としては論外なのではないか、心配になります。

 

 

女性には建前があるので、なかなか本当のことは言わない傾向があります。その点をより深く追求し、どう攻略していくのかをまとめました。

 

 

薄毛も女子も、難攻不落ではありません。正面から向き合う姿勢がとても大事です。

 

 

ハゲたらもう恋愛対象外?

 

当然ながら、白黒をハッキリつけられるものではありません。女性によって価値観は違いますし、薄毛の進行度合いとの兼ね合いもあります。

 

 

傾向として、若ハゲと言われるくらい頭頂部の髪がない場合は難しいです。

 

 

いくら女性は「男性の中身を重視する」と言われても、それには限度という物があります。ホンネはなかなか言わないものですが。

 

 

この場合は厳しいようですが、薄毛を改善するところを当面の目標にするべきでしょう。

 

 

女性に積極性を持てば持つほど苦しむことになります。幸いにも薄毛は治療すれば治る時代です。

 

 

半年から1年、本気で薄毛改善に取り組むことができてはじめて土俵に立つことができます。

 

 

具体的な薄毛の治療方法については、このページの後半部分で紹介しますので参考にしてみてください。

 

 

AGA初期段階なら可能性は十分ある

 

 

地肌が透けて見える、髪が細くなってきたという「将来が不安」な薄毛レベルであれば、恋愛の可能性は十分にあると言えます。

 

 

もちろん女性側も気になることは気になりますが、内面で光る物があれば十分に恋愛対象になると言えます。

 

 

女性は好きになった男がどんどん薄毛になることに対しては、受け入れる傾向があるものです。

 

 

まだ「薄毛予備軍」の段階で、惚れさせることができるかどうかです。薄毛を彼女ができない言い訳にしない方が良いでしょう。

 

 

トーク力がそこそこあって、キャラが立っているかどうか。髪がしっかりある男性と比べて、その点で優位に立てれば選ばれる可能性はあるのです。

 

 

ここで間違えないで欲しいのが「優しい人が好き」という女性の言葉をうのみにしないこと。あくまでイケメンの場合に限り、優しくされたら嬉しいというホンネが潜んでいます。

 

 

薄毛なので、顔のパーツは仮に整っていてもルックスは劣っているというポジションです。

 

 

そこで優しいだけの男になっても、ただのいい人で終わってしまいます。トークを頑張る、男らしさをみせたり人間臭さを出してキャラクターを印象づける。

 

 

弱者なりの戦略をとることで、他の男性との差別化をすることができます。

 

 

自信をつけることも大事です。女性は安心が欲しい生き物です。自信を持っている人に安心してついて行きたくなります。

 

 

女性を下に見るような、小馬鹿にするくらいの感覚で接してみると良いでしょう。ルックスに引け目があると、弱気で自信がなさそうに見られます。

 

 

そこをくつがえすために敢えて、相手を小馬鹿にしてみましょう。

 

 

デートは無難に終わらせず、口説くという意識を持つことが大事です。ボディタッチを敢えて行う、オブラートに包みながらもハッキリ好意を伝える。

 

 

こうしたアプローチをすることで、「この人わたしのことが好きなのかな?」と相手を印象づけることができるのです。

 

 

いずれにしても、薄毛だから彼女ができないというのは言い訳です。

 

 

ありのままの自分を好きになってくれる女性なんぞ、この世にいません。ガツガツするのは駄目ですが、しっかりと意志を持って女性にアプローチすることを心がけるのが良いです。

 

 

自分でもやりすぎかな?と思うくらい強気で、自分の色を出していく方が好かれます。

 

 

薄毛の治療も平行させるのは必須

 

女性に向かって行きつつも、将来に備えて薄毛対策もしっかりしておくことをオススメします。

 

 

冒頭でも申したように、AGAは治療すれば治る時代です。AGAの原因や病院選びは他のページも書いていますので、参考にしてみてください。

 

 

AGAは専門のクリニックで治療を受けることがベストな方法です。

 

 

その人の進行度合いにもよりますが、早い人で半年後から効果が出始めます。1年か1年半、しっかり治療を受ければハゲは改善します。

 

 

当然治療にはお金がかかります。育毛サロンのように、医学的根拠がないシャンプーやサプリを買わされることはありません。

 

 

AGAは治療法がある程度確立された分野です。医学的根拠に基づいて処置が行われますので、信頼してよい治療法なのです。

 

 

一般的な病院でもAGAのポスターを貼っているところがあります。ですが治療薬である「プロペシア」を処方することが可能です、という意味です。

 

 

治療するなら専門のクリニックで治療を受けなければ、髪を生やす・増やすことは難しいのです。あくまでプロペシアは現状維持が目的なのですから。

 

 

髪を増やすケアをしつつも、女性に対する場数を踏んで慣れていく。半年後には髪も増えるようになり、女性への経験値も積み上がってくるはずです。

 

 

そして1年後、薄毛も女性も療法がベストな結末を迎えられるように、努力することをはじめてみませんか。人生のうちで1年くらい、思いっきり頑張るときがあってもいいと思います。

 

 

しっかり生えそろった髪で、あこがれの彼女とのデートを過ごす日々、ゴールを常にイメージして。