MENU

若はげで死にたいくらい辛い|AGAは必ず治るもの!

まだ若いのに頭が薄くなってきたという悩み、本当につらいものがあります。どうして自分だけがこんな目に遭わなければならないのか。世の不条理さを感じてしまうかもしれません。

 

 

10代20代ですと、まだ恋愛もたくさんしたいでしょうし人生を謳歌したい。

 

 

はげてしまうと恋愛はおろか、結婚するのも絶望的に感じてしまいます。内面を見るというのは女子の建前であることが多いので、注意したいところです。

 

 

死んでしまいたくなるくらいつらい思い、誰にも共感してもらえないから孤独です。でも昔と違って今は、ハゲ=おしまいということはありません。

 

 

人生これからリカバリーができます。単なる精神論をここで話すつもりもないです。そのことについてお話していきたいと思います。

 

 

〜目次〜

1.人生に絶望してしまったら

2.ハゲは治療すれば治る

 

人生に絶望してしまったら

 

人それぞれ、大なり小なり悩みはあります。ただ多くの悩みは、人に話して共感してもらい気持ちが楽になる性質のもの。

 

 

若ハゲだと、たとえ親友であっても打ち明けにくい、共感してもらえるはずもなく。

 

 

恋愛面で不利なのは間違いありません。厳しいようですがそれが事実です。

 

 

恋愛はオンリーワンで勝負するのではなく「相対評価」です。つまり狙っている子の周りの男の中での競争になるわけです。

 

 

女性は男性ほど中身を重視しないといわれています。

 

 

たしかに一理あるのですが、薄毛の男性と髪が通常通りある男性、どちらの内面を見てみたいと思うか?答えは出ているかと思います。

 

 

髪の問題を凌駕する財政力や人脈、男らしさなど、圧倒的にほかの男性より秀でたものがあれば違ってきますが。

 

 

自信を持てと言われても持てるものではありません。

 

 

恋愛でのハンディ、そして周りからの視線に耐える日々。

 

 

無駄に被害妄想になったり、気が弱い人だと「いじめ・からかい」の対象になるかもしれません。持って生まれた性質なので、どうしようもないことなのですが。

 

 

これが50代、60代ともなれば髪が薄くても開き直れます。同年代の人もたくさん薄毛になっていますから。若いとそんな気にもなれません。

 

 

今まで絶望的な面ばかりをお話しました。現実は厳しいです、ですが1つだけプラスになることがあります。「現代に生まれてきたこと」です。

 

 

これが10年前でしたら、薄毛になったらアウトでした。

 

 

ところが現代は薄毛の原因はAGAであることが解明され、治療法も確立されつつある時代です。「はげは不治の病」ではなくなったのです。

 

 

2.ハゲは治療すれば治る

 

一昔前の最終手段は増毛・かつらでした。転職や転勤でもしない限り、切り替えるタイミングに困りますし、そもそもバレるものです。

 

 

そんな不自由な思いをせずとも、治療することでハゲは治る時代なのです。

 

 

今までの育毛ケアといえばサプリメントであったり、育毛シャンプーや育毛剤を使うことでした。これらのケアでは医学的根拠がないので、意味がないのです。

 

 

AGAには医学的に根拠のある改善方法が存在するのです。

 

 

AGAに関するCMや広告をご覧になったこと、一度はあると思います。

 

 

爆笑問題が宣伝してたようなものは、単に近所の病院でプロペシアという脱毛の進行を防ぐ薬が処方できるという意味です。

 

 

皮膚科や内科でAGAの取り扱いがありますが、薬の処方のみで実際に治療が何か行われるわけではありません。

 

 

ごく初期段階の脱毛や、将来のために予防しておきたい。

 

 

これらの人にとってプロペシアは効果がありますが、薄毛を発毛したり育毛したりする効果はほとんど期待できません。プロペシアは「現状維持」のための薬なのです。

 

 

AGAの原因と、治療法について

 

AGAについてここまでお話ししてきましたが、そもそもAGAとは毛髪に何が起こることが原因なのでしょうか。まずはその部分からお話ししていきたいと思います。

 

 

AGAは一言で言いますと、ヘアサイクル(髪の毛の周期)が短くなった状態です。通常ならば2〜5年ほどかけて髪が伸び続け、あとは数か月で抜け落ちてしまうという周期を繰り返しています(毛髪1本単位で)。

 

 

AGAになると2〜5年ほどあった成長サイクルが数か月〜1年に短縮されてしまいます。短いスパンで抜け落ちてしまうので、脱毛が目立っていき薄毛になっていくのです。

 

 

サイクルが短縮化するのは、毛母細胞がダメージを受けるためです。体内にある5αリダクターゼという酵素と、男性ホルモンが合体すると、DHTホルモンが生まれます。

 

 

DHTこそが毛母細胞に直接的なダメージを与え、ヘアサイクルを乱すのです。この流れが起こらないようにケアするのが、AGAの基本的な治療法になります。

 

 

AGAのヘアサイクルを正常に戻すだけでは駄目です。毛根が再び成長するように土台を整え栄養分を送らなければなりません。

 

 

そのために処方される内服薬があり、この処方を行うのが専門のクリニックになるわけです。

 

 

AGAのクリニックに通い、薬を飲み続けること。これがAGA対策として医学的に根拠がある方法なのです。当然費用はかかります。

 

 

プロペシア、ミノキシジル、その他の栄養成分などの薬がデフォルトになりますが、月に2〜3万はかかります。

 

 

月にそんなにかかるのは高すぎる、と思うかもしれません。毎月の出費はたしかにきついです。ですが一生この値段ではありません。

 

 

AGAの症状が改善し、発毛するようになれば薬はプロペシアだけで済むようになります。

 

 

あくまでクリニックの治療方針もありますが、初期段階は月に2〜3万、改善すれば月に8000円程度(ジェネリックを使えばさらに安い)計算になります。

 

 

はじめの半年もしくは1年、個人差はありますが継続して治療にあたれば改善していきます。

 

 

毎月の初期費用が厳しいのであればローンで支払い、毎月1万円の2年払いという選択肢もあるわけです。

 

 

ローンより安心の月払い制「ヘアメディカル」

 

 

今紹介したものは、あくまで一般的な目安です。実際に自分がどのくらいの治療費、治療期間がかかるのかはカウンセリングを行うことで明らかになります。

 

 

クリニックも無料で行っていますので、いくつかのクリニックで話を聞きに行き、比較するとよいでしょう。無料カウンセリングでその場で強引な勧誘に会うことはありませんのでご安心を。

 

 

悩みを解決するのだから、金銭的なリスクはつきものです。ただそれ以上に髪を取り戻すという、かけがえのないものを手にすることもできるのです。

 

 

どちらの人生を選択するか、選べるというだけでも贅沢なことだと思います。一昔前の方なら、ハゲかかつらかという選択肢しかなかったわけですから。

 

 

ヘアメディカル

 

 

 

[よく読まれている記事]

 

 

 

 

 

 

[抜け毛のケアは、早目が肝心]

 

 

「抜け毛が増えてきた。このまま薄毛にならないか、とても心配・・」

 

 

特にわたしは、頭皮にかさぶたや湿疹ができやすくて、抜け毛も気になっていました。

 

 

AGAクリニックは高額だし、薬の内服は副作用が心配。シャンプーは汚れを落とすだけだし、、将来的な薄毛予防には「育毛剤」がベストなので、育毛剤を使うことに。

 

 

いろいろ調べた結果、通販で超有名な「チャップアップを使ってみました。

 

 


チャップアップ

 

 

数ある育毛剤の中でも「頭皮にやさしい無添加」であること、「必要な育毛成分を網羅」していることが決め手でした。

 

 

はじめは、「これで本当に、抜け毛は大丈夫なんだろうか・・」と不安でした。ところが、「チャップアップ」を使いはじめて2週間がたったころから、"予想以上のうれしい変化"を頭皮に感じるようになりました。

 

 

 

 

 

 

-PR-