MENU

薄毛をバカにされたときの対処法は?どう切り返す?

別においしくないのに、薄毛であることをいじられて腹がたつ!!

 

 

好きでなっているわけではないのに、人が気にすることをズケズケと言ってくる奴はいませんか?

 

 

半分人を見下したような感じで、「髪、薄くなってきたね〜」などという心ない言葉。

 

 

相手は「それくらいおいしいと思えよ」としか思っていないケースが多く、こちら側がいかに傷ついているかにまるで無頓着です。

 

 

お笑い芸人じゃないんだし、笑い飛ばせない人の方が多いのをわかってくれない・・

 

 

おそらくほとんどの方が、強く言い返せず、あいまいな返事しかできない。あとで振り返って考えてみると、はらわたが煮えくり返るような怒りに支配されているかもしれません。

 

 

こんな失礼な奴らが言って来たら、どう対処すれば「心の平和」を保てるのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

 

 

 

1.どうやって切り返す?

 

若ハゲであることを馬鹿にしてくる連中は、「この人にいっても大丈夫だろう」という安心感を持っています。

 

 

おそらくあなたも「いい人」「やさしい人」の分類に入るのではないでしょうか?そういった心優しい人の弱みに、彼らは付けこんできます。

 

 

一番ダメな返し方

 

「ちょっと、やめてくださいよ〜」「いやいや・・」とか、バカにしてきたことを「受け入れる」のはやめましょう。

 

 

自分の中で薄毛である劣等感を強めてしまい、マイナスの感情をため込んでしまうので「心の不調」に陥りやすくなります。

 

 

見えないストレスが蓄積されていくのが怖いです。ごくたまにしかバカにされないのなら、ため込むのも一つかもしれません。ですが、会うたびに同じようにバカにされる状態なら、避けた方がよいのです。

 

 

挑発に乗ってしまうのもNG

 

思わずカッとなってキレたり、けんか腰になって相手から「なんだこいつ」と思われるのも避けた方が良いです。

 

 

いくら失礼なことを言われたからといって、今後も続いていく人間関係なら一時的な感情で、波風を立てるのは利口ではありません。

 

 

怒りたくなる気持ちもわかりますが、そこは"ぐっと"こらえましょう。

 

 

理想的な返し方は?

 

ハゲについて言ってきた相手が「上司」か「友達」かによって、ベストな対処方法は異なります。

 

 

上司・目上の人から言われたら

 

言ってきたことをしっかり否定する、でも語尾は柔らかく明るく。

 

 

「でも仕方ないことなんで、言われても困るんですよ〜」

「僕自身、悩んでいるんで勘弁してほしいですよ〜」

 

 

こちらが本当に傷ついている、悩んでいるということをしっかり伝えましょう。相手の指摘を受け止めないことで、こちらのストレスも軽くなります。

 

 

ただ、そのまま否定の気持ちを返すと気まずくなるので、柔らかい口調でいえば、相手もムッと来たりしません。

 

 

「自分を守りながら、相手にも配慮する」というのが得策だと思います。

 

 

同僚や友達から言われたら

 

ある程度、拒絶の意思をしっかり伝える。「こいつ、怒ってるの?」と思われるギリギリを攻める。

 

 

・軽く受け流して、別の話題にさっと切り替える

・黙り込んで、変な空気にする

 

 

例)
友人「おまえ、上から見たらカッパみたいになってきたな〜大丈夫かw?」

 

あなた「あ、そう。そういえば今日ってこれから天気悪くなるみたいだけど」

 

友人「そうなのか。いやいや、でもおまえの髪ってやばいよな〜?植毛とかしないの?」

 

あなた「(視線を外して)・・・」

 

あなた「あ、ちょっと電話しないとな・・とぼそぼそ独り言をいって自分の世界に入る」

 

 

相手には「ムッとしている、その話題に触れられたくない」という意思を出しておきましょう。

 

 

それでも「おまえ、俺がおいしいと思っていってるのにさ〜」と言って来たら、「ふざけんな!」でもいいと思うんです。

 

 

友人なら縁を切っちゃっていいと思うんです。同僚ならさっさと距離を置きましょう。

 

 

2.このやるせなさを、どう処理する?

 

バカにされても自分を守るために、しっかりと「いわれた時の返し方」を考えておきましょう。

 

 

ただ、いくら返しがうまくなっても「自分の中に残るコンプレックス、やるせなさ」というのは残ると思います。

 

 

「どうして、俺だけこんな風になってしまうんだろう・・」

 

 

自分の心を平穏に保ち、前向きになるために心がけてほしいことをお話します。

 

 

ストレス解消をする、ため込まない

 

・劣等感によるストレス  ・恋愛などがうまくいかず欲求不満になるストレス

 

 

ただでさえ社会人になると、仕事のストレスがあるのに、薄毛だとこうしたストレスまで背負い込むケースも珍しくありません。

 

 

日ごろから、自分がつぶれてしまったり自暴自棄になったりしないためにも、ストレスはしっかりケアしましょう。

 

 

すでに、ご自身の中で「没頭できる趣味」があるのなら、あえて他のことに取り組む必要はないかもしれません。ですが、これといったリフレッシュ方法がないのなら、何かを見つけてみませんか?

 

 

ジョギング

 

「走るの疲れるし、いちいち時間をつくるのがめんどくさい」と思うかもしれません。特に普段から運動する習慣がない人ですと、なおさら腰があがらなくなるかもしれませんが・・

 

 

ジョギングといっても、「自分が続けられる距離を、無理なく走る」くらいでいいんですよ。

 

 

私もはじめは1キロ走るだけで足がつりそうになりましたが、今では週に2回5キロ走っています。しかも学生時代よりタイムが良かったり・・

 

 

どうしてジョギングかというと「走っている間は、『無』になれる」からです。

 

 

コンプレックスがあると、どうしても常にネガティブなことを考えやすくなります。走っている間はあれこれ嫌なことを考える余裕がありません。

 

走った後もしばらくは「無」になれるので、ネガティブな心がリフレッシュされます。

 

 

筋トレ

 

日ごろのイライラを、自分の体をいじめて解消するというM気質の方におすすめです。

 

 

筋トレして「体をごつく」すれば威圧感がでて、軽々しく薄毛をいじれなくなるという効果も期待できます。

 

 

やっぱり「見た目が弱そうな人」ほど、バカにされやすい傾向がありますので・・。

 

 

続けるのが大変な部分もありますが、日ごろからフラストレーションがたっぷりたまっている方なら、チャレンジするだけの力はあるかもしrません。

 

 

コンプレックス解消のために、努力する

 

今まで受けてきた「屈辱」をエネルギーに変えて、自分を磨くというのも一つです。

 

 

●仕事をめちゃくちゃ頑張って、見返してやる

●完全に坊主にして、開き直ってしまう

●薄毛そのものを治療する(薄毛は半年あれば改善する時代です)

 

 

どの方向性を選ぶかはあなた次第ですが、根本から人生を変えたいのなら「くやしさ」を「コンプレックス解消」に向かわせましょう!

 

 

 

 

-PR-