MENU

頭頂部のてっぺんはげの治療法|皮膚科よりもクリニックを

日本人にもっとも多いと言われているのが、頭頂部の薄毛になります。いわゆる「てっぺんはげ」というものです。

 

 

生え際が後退するよりも、明らかに「ハゲ」を強く意識させるものなので、悩みは根深いものです。

 

 

頭頂部がなぜ、薄毛になってしまうのか。治療するにはどういう方法が望ましいのか。気になる疑問についてお答えしていきたいと思います。

 

 

どうして頭頂部が薄くなってしまうのか

 

 

側頭部はしっかり髪が生えているのに、頭頂部は抜けやすいという事実があります。

 

 

年配の方には「お侍さん」のように、頭頂部がつるんとしているのも珍しくありません。どうしてこの場所だけが薄くなりやすいのでしょうか。

 

 

隠そうとしても、隠す髪がないのでごまかしが効かない部分でもありますしね。カツラをしてカバーする以外に、即効性のある方法がないのも事実ですが。

 

 

ところは時代は変わりました。頭頂部の薄毛でも治療すれば治すことは十分可能です。その具体的な方法は、このページの後半部分で詳しく紹介したいと思います。

 

 

頭頂部が薄くなりやすいのは、いくつか原因があります。それについて順に説明します。

 

 

酵素が存在する

 

 

頭頂部の薄毛は、「AGA」と呼ばれる男性型脱毛です。AGAを引き起こす原因の一つに「5αリダクターゼ」という酵素があります。

 

 

この酵素が頭頂部に多いことから、抜け毛が増やすいというのが理由です。

 

 

「5αリダクターゼ」にはT型とU型があり、特にU型の酵素が男性ホルモンの「テストステロン」と結合するのが問題なのです。

 

 

結合の結果生まれる「DHT」と呼ばれるホルモンが、ヘアサイクルの周期を乱して脱毛状態を引き起こすのです。

 

 

「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素がたくさんあるのが「頭頂部」なのです。脱毛が最も進行しやすい場所と言えます。

 

 

皮膚が薄く固い

 

 

頭の皮膚は、頭蓋骨をすっぽり包み込むようになっています。

 

 

前頭部、頭頂部と側頭部がありますが、特に頭頂部は頭蓋骨に直接貼り付くように面している場所です。

 

 

そのため体の皮膚のように柔軟性がありません。皮膚自体の動きが制限されますので、必然的に皮膚が固くなってしまいます。

 

 

皮膚が固いと、そこを流れる血管が縮こまってしまうために、血液が流れにくい状態になります。

 

 

いわゆる「血行不良」状態が、頭頂部で起こります。

 

 

血行が悪いと、血液にのって届けられるはずの酸素や栄養分が行き届かず、髪の栄養分が十分に供給されません。直接の脱毛原因にはなりませんが、「髪が育ちにくい」状態になりやすいのです。

 

 

頭頂部はダブルパンチを受けやすい場所

 

 

いままでの話をもう一度整理すると、

 

○毛が抜けやすい⇒頭頂部にはAGAのの原因となる酵素がたくさん存在する

 

○毛が育ちにくい⇒頭の中でも皮膚が特に固い場所のため、血行不良になり栄養分が十分に届かない

 

ということになります。

 

 

髪が抜けやすい場所に加え、一度抜けた毛髪も新しく育ちにくいという状態なのです。

 

 

頭頂部が薄毛になるというのは、納得いただけたかと思います。こうした状況を踏まえて、どういったケアをするのが効果的なのかについて紹介します。

 

 

AGAは病院で治療を受けるのが必須

 

 

男性型脱毛のAGAである場合、市販の育毛剤やシャンプーを使ってもまるで効果が期待できません。

 

 

言葉は悪いですが「お金の無駄」になります。気休めにもなりませんし、辞めたからといって抜け毛が増えるという関係もありません。

 

 

AGAはしっかり専門の病院で治療を受ければ、必ず改善するものなのです。

 

 

医学的根拠がある方法を行えば、髪は生えるし抜けない。このことは医師達の間で常識となっていることなのです。

 

 

治療を受けるのであれば、皮膚科や内科など「片手間」で行っているところよりも、専門のクリニックでケアを受けることが大事です。

 

 

皮膚科や内科の方がなじみがあるかと思いますが、あくまでメインは自分の属する科の疾患をもった人です。

 

 

薄毛治療は形だけ診察にして、あとはプロペシアを1ヶ月分処方されて終わりです。

 

 

たしかに薄毛の進行を止めることはできますが、失われた毛髪の発毛を促進することは難しいのです。

 

 

AGAのクリニックでの治療は、頭頂部の問題を全て解決する治療が行われます。

 

 

酵素が働かないようにブロックし、脱毛を阻止する「プロペシア」と、毛髪を流れる血行を促進する「ミノキシジル」の2つを処方することが軸になります。

 

 

余計な抜け毛を減らし、新たな発毛を促す治療が行われるのです。

 

 

日本皮膚科学会というところが定めた、AGAの効果的な治療方法でもこの2つは該当します。

 

 

「プロペシア」「ミノキシジル」のいずれも、医学的に有効な根拠が認められているものです。

 

 

それにのっとる形にて、最適な治療が行われるのがクリニックなのです。

 

 

場合によっては内服薬を増やす(髪に栄養分を与える物)であったり、症状が重い人には「メソセラピー」といい頭皮に栄養分を注入する処置を施すこともあります。

 

 

有効な治療はある程度確立されていますが、患者1人1人のAGAの進行状況は違います。

 

 

対応する内服薬の分量も同じではないですし、その他の治療法を取り入れる必要があるかも判断が求められます。

 

 

こうした処置は、薄毛の治療研究に携わった、経験豊富なドクターの勘にも左右される部分です。

 

 

頭頂部の薄毛は、AGAの中でも進行度合いが早いために適切な処置を施してあげることが何より重要です。

 

 

適切なケアをすることが、頭頂部のAGA対策には必要だと言うことがお分かりいただけましたでしょうか。

 

 

特に人の視線が気になる部分だけに、育毛剤で気休めケアをするよりもしっかり腰を据えて取り組んでいきましょう。

 

 

頭頂部が絶望的な状態でも、しっかりとケアすれば挽回は可能です。母胎となる「毛母細胞」が生きている限り、ツルツルの状態でも髪は必ず生えてきますので。