MENU

30代・40代から始める薄毛治療|クリニックで治るのか

 

薄毛の治療を受けたいと考えている『30代・40代』の方へ。

 

 

薄毛を病院で治療して、本当に良くなるのかという気持があるかもしれません。

 

 

下手な育毛剤・シャンプーを使ってケアするなら、一日でも早く「AGAの治療」を受けた方が良いです!

 

 

なぜなら、私自身も30歳を過ぎた頃から頭頂部が気になりだしてきました。

 

 

市販のものをさんざん試しては効果がなくて・・の繰り返しで「コレはまずい!」と思いました。

 

 

調査してみると、薄毛はしっかり病院で治療しないと良くならないことがわかりました。

 

 

「まだ間に合うの?」

 

「治療する場所はどこが良いの?」

 

「本当に治療すれば良くなるの?」

 

 

薄毛治療に不安を抱えている方は、参考にしてくださいね。

 

 

1.年齢的に、まだ間に合うの?

 

 

30代だからまだ間に合う。40代になると遅い。薄毛のケアすると聞かれる言葉です。

 

 

実際には、年齢は「関係ありません」。

 

 

「えっ?」と思うかもしれません。「だって、薄毛は年々進行していくでしょう?」と。

 

 

たしかにそうですが、「人によってAGAが進行する年齢が違う」という事実があります。

 

 

つまり、"どれだけAGAが進行しているか"がポイントなのです。

 

 

一概に、30代だからセーフ、40代でアウトとは言えないのです。ただ一つたしかなのは、

 

 

「早ければ早いほどいい」

 

 

間違いありません。AGAはこうしている間にも、DHTと呼ばれるホルモンが働き、髪の成長を止めにかかっています。

 

 

頭皮の中で「成長が止められた」髪の毛を、1本でも食い止めることが必要なのです。

 

 

実査に薄毛治療でクリニックを訪れている方にも、50代の方はたくさんいます。

 

 

同じ年代でも、薄毛の進行状況によっては回復に時間がかかる人と、そうでない人がいるのです。

 

 

2.治療する場所はどこが良い?

 

 

 

詳しい内容は病院かクリニックかのページを参考にしてください。

 

 

要点をお話すると、「病院ではなくクリニック」で治療を受けましょう。

 

 

それはナゼか。

 

 

一般的な常識ですと、病院の方が安心できるというイメージ。たしかにそれも一理あります。

 

 

ただ、育毛の分野に関しては「クリニック」にて専門的な治療が受けられます。

 

 

病院(皮膚科)ではAGAの治療薬「プロペシア」の処方をするだけです。

 

 

診察は形だけで、ろくに薄毛のことを知らない先生ばかりなのです。

 

 

まだまだイメージに左右されている方も多いですが、本格的に治療を受けるならクリニックなのです。

 

 

参考:agaの治療は何科が良い? >

 

 

本当に治療すれば良くなるの?

 

 

男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)によるもの。AGAの仕組みはすでに、明らかにされています。

 

 

そのため、AGAには明確な治療ガイドラインがあります。

 

 

わたしが幾度となく騙された育毛剤やシャンプーは、メーカーの独自理論によるうたい文句によるもの。

 

 

国が認めているわけではないよ。ということ。

 

 

AGAを改善するには、厚生労働省が認可した「プロペシア」を服用する事が、最も効果的なのです。

 

 

「プロペシア」は、国が認めた"根拠のある治療法"なのです。

 

 

AGAクリニックの気になる費用など

 

 

 

でも、高そう・・

 

 

実際、AGAのクリニックに行くと、どのくらいのお金がかかるものなのでしょうか。

 

 

AGAの費用は相場が決まっている

 

 

 

真っ先に気になるのは費用。どこのクリニックも「相場」があります。

 

 

・基本ベースは「プロペシア」。

 

・プロペシアの働きを助けるための「ミノキシジル」。

 

・頭皮に栄養を与えるサプリ。

 

のいずれかの組み合わせによる処方です。

 

 

AGAの進行度合いによって、月に15000円〜32000円の間でかかります。

 

 

これを高いとみるか、安いとみるか。

 

 

もし、かつらなどを購入すると数十万円+メンテ費用がかかります。何より装着すると落ち着かないですよ。

 

 

AGAの治療期間は、進行状況にもよりますが半年から2年。

 

 

症状が落ち着けば、服用量を徐々に減らすことができます。

 

 

地肌がツルツルになっているほど悪化しているのであれば、メソセラピーなどの治療をプラスするのでプラスの費用がかかります。

 

 

一般的な薄毛であれば、そこまでの追加費用はかかりません。

 

 

どんな治療を行う?

 

 

治療方法はプロペシア、ミノキシジルを中心とした投薬治療が中心です。

 

 

必要に応じて、メソセラピーなどの注入療法が加わる形になります。

 

 

AGAが改善してくると、徐々に薬の処方する量は抑えられます。

 

 

つまり、ずっと同じ金額がかかるわけではないということ。

 

 

ある程度良くなれば、プロペシアやミノキシジルは個人輸入に切り替えて、月5000円で済ませる人もいます。

 

 

はじめから個人輸入をする人もいますが、AGAを改善するにはただ薬を投与するだけでは難しいのです。

 

 

その人の頭皮状態にあった、ベストな投与方法があるのです。

 

 

それを熟知しているのが、AGAクリニックのドクターなのです。

 

-PR-