MENU

20代の薄毛の治療はどこで受ける?皮膚科では駄目なワケ

まだ20代という若さなのに、早くも髪が薄くなってきた。人生これからというときに来る、とてつもない絶望感。

 

 

現実を受け入れられない、と思いつつも何か対策をしなければならないという辛さがあります。

 

 

まだ恋愛だってたくさんしたいし、結婚もしたいのに将来が不安。死にたくなることもある。

 

 

自宅で色々ケアしても、薄毛の進行は止まらない・・こういう場合は、病院に行った方が良いのでしょうか。

 

 

同年代のみんなは、どういった治療をしている?

 

 

友人や家族には、打ち明けられない悩み。同年代の男子は、何を思いどうやって克服しているのでしょう。

 

 

育毛剤、頭皮マッサージ、飲み薬、サプリメント、病院、クリニック、育毛サロン。

 

 

人によっていろいろなケアをしているのが実態です。「試行錯誤」という表現が適切かもしれません。

 

 

それぞれのケアについて、効果はあるものなのかを順に見ていきましょう。

 

 

育毛剤やシャンプーの使用

 

 

「薄毛の原因は皮脂にある」といい、薬用シャンプーを使っている方も多いです。

 

 

シャンプーにせよ、育毛剤にせよこの手の商品は注意した方が良いです。

 

 

あたかも「もっともらしい理由」をつけて、髪が生えそうに紹介しますが「医学的根拠がありません」。

 

 

もっといいものを探したい気持もわかりますが、医学的にAGA対策が認められているものは「ミノキシジル」のみ。

 

 

薬で言うとプロペシアですが、リアップに含まれる「ミノキシジル」のみが、根拠のあるAGA治療になります。

 

 

最低でもミノキシジル入りのものを使わないと、お話になりません。ですAGAが進行すると「ミノキ」だけでは足りないのです。

 

 

その理由は追って紹介します。

 

 

治療薬を輸入代行している

 

 

20代男子で多いのが、「プロペシア」「ミノキシジル」を個人輸入代行しているという人。

 

 

医薬品なので、病院でお医者さんに処方してもらわなければなりません。個人で仕入れた方が安くなります。

 

 

オオサカ堂のように、AGA治療薬を個人輸入している業者もたくさんいます。

 

 

月5000円程度で、海外製のものが入手できます。ただ「海外製」なので、予期せぬ成分が配合されている可能性もあります。

 

 

安さはたしかにありますが、安全性という面で不安が残るのです。

 

 

もし仮に、安全性があったとしてもこの方法はオススメできません。

 

 

多くの人が勘違いしていることとして「AGAに効く薬をとにかく飲めばいい」という思い込み。実は個人の頭皮環境によって、必要な量とタイミングというのはあるんです。

 

 

その量とタイミングを調整してくれるのが「AGAのクリニック」なんです。

 

 

皮膚科で薄毛の治療を受けるのはダメ

 

 

クリニックより、病院の方が安心できるイメージ。そう感じる方の方が多いでしょう。実際皮膚科でもプロペシアを処方してもらえます。日本製なので、安全な治療薬という保証はあります。

 

 

皮膚科にせよ内科にせよ「病院で処方してもらうのは薬だけ」なのです。

 

 

毛髪に詳しいわけでない皮膚科の先生が、プロペシアを同じ量処方するだけ。専門的なことがわからないまま、出しているのです。

 

 

あくまで病院の先生は、皮膚の疾患に関する治療を行うことが専門。薄毛は疾患ではないので、頭皮の状態を改善するための細かい方法についてはわかりません。

 

 

ただ「プロペシア」を仲介しているようなものなんですね。

 

 

クリニックがAGA治療には最適

 

 

薄毛治療を専門としているクリニックでは、毛髪について専門に研究したドクターが治療します。

 

 

基本ベースはプロペシア、ミノキシジルなのですが、その量とタイミングを考えながら、投与していくのです。

 

 

誰にでも同じ量を与えるのではなく、頭皮のヘアサイクルの状況、薬の効き具合などを見ながら「微調整」していくのです。

 

 

場合によっては、亜鉛サプリなど頭皮に栄養を与える成分も投与していきます。

 

 

AGAを防ぎ、髪を生やすにはその状態によって、何に注力すれば良いのかが違うということ。そうでなければ、AGAのクリニックを開く意味がないと思いませんか。

 

 

育毛サロンのように、かつらやヘアケア製品を売るのがメインではないですからね。

 

 

クリニックは本当に大丈夫?

 

 

クリニックってエステっぽいイメージをもたれているかと思います。「高額な契約をさせられたらどうしよう・・」という不安。

 

 

実際、エステばりに「強引な勧誘」「高額なローンを組まされる」ことはあるのです。

 

 

消費生活センターに寄せられる苦情の中にも、AGA治療について「消費者を無視した営業活動」が寄せられています。

 

 

クリニックは医療機関です。ですがクリニックの中にも色々なタイプのところがあります。病院に近いスタンスのところもあれば、エステに近いところもあります。

 

 

利用する側としては、AGAのクリニックについて慎重に検討しなければなりません。

 

 

難しいのは、業界大手でCMとか打っているようなところでも、悪質な勧誘が後を絶えないという話もあります。

 

 

当サイトでは、そうした利用者のことを考えないクリニックの紹介は一切しません。良心的な対応をとってくれる所のみ紹介します。

 

 

こういう話をすると、クリニック自体敬遠したくなるかもしれません。ですが医学的根拠にあった治療を、専門家が行うのは「クリニック」しかありません。

 

 

良いところを選んで、あとは先生にしっかりついて治療を受けるのが近道なのです。

 

 

効くか効かないかわからない育毛剤を使う。プロペシアだけを服用する。AGAはそんな簡単なものではないのです。あたかも薬だけで治りそうなイメージがありますが、大変なんです。

 

-PR-