MENU

つむじが大きいのはハゲが始まっている?判断の仕方

自分のつむじが大きい気がする。このまま薄毛にならないか心配・・

 

 

つむじのあたりが大きくて、そこだけ薄くなっているように見えていませんか?

 

 

もともとつむじには毛がない場所ですが、面積が広いと「ハゲかけている?」と心配になるもの。

 

 

『すでにハゲているのか、見極める方法』について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

もともと猫っ毛や軟毛の場合は、つむじが大きくても問題ない

 

 

はげているように見えて、実はハゲが進行していない場合もあります。

 

 

髪が生まれつき細い(猫っ毛の)場合は、その分髪の密度が低いので地肌が見えやすい傾向にあります。

 

 

ただ、元々猫っ毛でない場合は、薄毛になっている可能性があります。ではどうやって、判断すれば良いのでしょうか。

 

 

 

つむじハゲは、つむじ「以外」で判断する

 

 

つむじだけをずっと眺めていても、「進行しているのかどうか」は判断できません。

 

 

つむじの大きさも、個人差があります。一概に「何センチあったら危ない」という基準はないのです。

 

 

「つむじ以外で、AGAかどうかを判断する」のがセオリーです。(※AGA=男性型脱毛症)

 

 

AGAが起こる場合は、つむじを含めた頭頂部から進行するのが大半です。

 

 

 

 

こんな症状が出てきたらヤバイ

 

・最近になって、抜け毛が増えてきた

 

・短くて細い抜け毛が、増えてきた

 

・髪全体に、ハリがなくなってきた

 

などの「つむじ」以外の症状を感じるのであれば、AGAの可能性が高いのです。

 

 

AGAは頭皮のヘアサイクルが乱れて、髪の成長がストップしてしまった状態。

 

 

AGAかな?と思った場合は、早めにAGAクリニックなどの専門外来を受診しましょう。

 

 

現在の進行状態を診断してくれますし、適切な予防薬を処方してくれます。

 

 

あと、つむじは頭皮の構造上「血行不良」になりやすいです。普段から頭皮マッサージなど、血行を良くするケアを欠かさず行うと良いですよ。

 

 

髪に栄養を送りこむのが血液なので、成長が阻害されていては余計ひどくなりますので。