MENU

抜け毛は少ないのに薄毛が気になる | 軟毛の方は必見!

「髪は特に抜けてない・・なのにどうして、髪が薄く見えるんだろ?」

 

 

薄毛というと、抜け毛がバーッとたくさん増えてきて、見た目も薄く見える・・というイメージがあるかと思います。

 

 

でも現実は、抜け毛がほとんど増えてない場合もあります。

 

 

・朝起きた時の、枕や布団カバー。

・シャンプーをした後の排水溝。

・ドライヤーで髪をセットしたあとの洗面台。

・カーペット。

 

 

「うわ!これヤバイ!」と感じるきっかけは、いたるところに転がっているハズなのですが。

 

 

今も昔も、「毛がたくさん抜けだした!」というのを感じない。気のせい?いや、男は薄毛には敏感ですから。

 

 

「抜け毛が少ないのに、なぜ薄く見えるのだろう?」

「実際はAGAがはじまっている?どうなの?」

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います。

 

1日の抜け毛の量って、どれくらいが平均?

 

抜け毛の量は、目安として1日100本前後が目安です。

 

 

とはいえ、毎日自分の髪をかきあつめることなんてメンドクサイもの。

 

 

ご自身が「抜け毛が少ない」という感覚で、おおむね間違いはありません。

 

 

抜け毛が増えると、どんなに鈍感な人でもそれをすぐに感じるレベルですから。

 

 

ちなみに、正常な男性の頭皮ですと、必ず髪の生え代わりはあります。本人が気づいていないだけで、脱毛と発毛を繰り返しているのです。

 

 

髪が抜けないということは、ありえませんので。

 

 

髪質が細いと、薄く見えやすい

 

あなたの髪は、柔らかいですか?それとも固いですか?

 

 

薄毛かな?と思っていても実際はそうでないケースも意外に多いもの。判断を見間違うきっかけとして、「髪質」の問題があります。

 

 

いわゆる「猫っ毛」の人は、地肌が透けて見えやすいという特徴があります。

 

 

髪が細い×髪が柔らかい=猫っ毛。

 

 

ほとんどの場合、髪が細いとコシがなくて柔らかいものです。髪が細いと密度がスカスカなので、地肌が見えやすくなります。

 

 

髪が柔らかいと、髪自体が寝てしまうので角度によっては地肌がモロ見えになることもあります。

 

 

「抜け毛が少ない かつ 薄毛でもない」というパターンです。

 

 

こういうケースの場合、現時点ではハゲ(AGA)ではありませんので、ひとまず安心と言えます。

 

 

ただし、油断すると一気に薄毛が目立つのもこのタイプ。なので、普段から基本的なケアは抑えておいた方が良いでしょう。

 

 

ちなみに、髪質自体は生まれつきのものなので変えることはできません。

 

 

AGAの場合もある

 

猫っ毛ならとりあえずは安心、とも言い切れない場合もあります。

 

 

「いったい、どっちやねん!」と思うかもしれませんが。

 

 

AGAは、"抜け毛が少ない"場合でも発症することがあるからです。

 

 

AGAは脱毛症状を引き起こしますが、個人の頭皮状態や髪の生え代わりのサイクルによって、脱毛が増えるとは限りません。

 

 

AGAによる脱毛かどうか?を見極めるには、「抜けた髪の毛」で判断します。

 

 

排水溝でも枕でもいいのですが、ご自身の抜けた髪を手にとって、近くでじーっと見てみてください。

 

 

短小毛(先尖毛)に、なっていませんか?

 

 

通常の髪の毛は、毛根部分がラグビーボールのように円形に膨らんだ形をしています。

 

 

もしくは、毛根から毛先までの髪自体の太さは、ほとんど変わりません。

 

 

ですが。

 

 

AGAになると十分に成長する前に抜けるので、髪の形が中途半端で終わってしまうのです。

 

 

具体的には、

・普段の抜け毛よりも、長さが短い。

・ぼやっとした「産毛」が多い。

・髪が先に行くにつれて、細くなっている(均一な長さではない)

・髪の根元がラグビーボールではなく、尖っている

 

 

上記症状のいずれかが起こっていれば、AGAによる「初期脱毛」の可能性が高いです。

 

 

髪はヘアサイクルといって、一定の周期で生まれて落ちていきます。AGAになると、本来2〜7年あるといわれる髪の成長期が短縮されます。

 

 

成長期に、細胞分裂を繰り返しながら髪は作られていきますが、それが不十分になるのです。

 

 

今生えている髪よりも、これから生える髪に深刻な影響を与えるのがAGAの脱毛なのです。男性ホルモンが大きく関与しています。

 

 

抜け毛の量が増えるのも一つの指標ですが、必ずしもそうではありません。抜け毛の状態からも、頭皮状態を図ることができるのです。

 

 

AGAは、一度進行してしまうと育毛剤などのケアでは難しいです。病院での本格的な治療を受ける必要があります。

 

 

逆に、AGAになる前の状態であれば、育毛剤やサプリなどの自宅ケアで問題ありません。今は大丈夫だからといって、何もしないのは良くないですからね。

 

 

必ずしもお金をかけるのが良いこととは言えませんが、積極的に髪に良いことをはじめていきたいものです。

 

 

 

 


「育毛剤なんて、どうせ効かないし・・」

 

 

薄毛の進行をこれ以上進めたくない。でもAGAクリニックに行くと、何十万もかかってしまう・・

 

 

本当は自宅で手軽にケアしたいけど、育毛剤ってぶっちゃけ効くかどうかわかんないじゃないですか。

 

 

でも、どうしてあれだけ育毛剤がたくさん売られているのか疑問ですよね?やっぱり「効く人は効く」からなんです。

 

 

で、効く人と効かない人の差がなにかというと「頭皮環境が良いかどうか」なんですね。

 

 

つまり、頭皮が普段から"荒れていると"、育毛剤の成分がちゃんと浸透しないんですね。

 

 

フケやかゆみ、湿疹などが出たりすることありませんか?それって頭皮が普段から荒れている状態なんです。

 

 

そこを改善しないと、炎症を起こした皮膚から毛髪に栄養がいかないんですよ。だからシャンプーってすごく大事。

 

 

特に市販シャンプーだと、石油系界面活性剤など人工的な成分がたっぷり入っているから、荒れるワケ。

 

 

だから、荒れた頭皮を落ち着けるシャンプーに切り替えてみるのも一つ。

 

 

有名どころに「チャップアップシャンプー」というのがあります。育毛剤で超有名なチャップアップから、シャンプーが出てるんです。

 

 

頭皮環境を整えるエキスが入っていて、シャンプー自体の刺激もない。まさに土台を作ってくれるシャンプーなんですね。

 

 

ぶっちゃけ値段は高いです。シャンプーでこんなにするの?って。ただ、育毛剤を使っても頭皮が荒れてたら意味ないですからねー。

 

 

今の状態を食い止めるなら、ケアの仕方を工夫しつつある程度の出費は覚悟しないとダメかもしれません。中途半端にケアしても良くならないのが薄毛ですから。

 

 

チャップアップシャンプー

 


 

 

 

本格的な薄毛が、やってくる前に

 

 

髪が気になってきたら、早めに手を打つことが大事です。一度失ってしまうと、戻らないのが髪の毛ですから。

 

 

抜け毛が広がって薄毛になる前に、しっかり頭皮環境を整えることが大事です。

 

 

まずはシャンプーから。

 

 

市販のシャンプーは石油系界面活性剤や添加物が入っているので、炎症を悪化させます。

 

 

低刺激のシャンプーに変えることで、頭皮の炎症を抑えて「抜け毛」を防ぎましょう。

 

 

 

 

すでに抜け毛が目立っている・将来的な対策もしたいという方。

 

 

シャンプーは抜け毛を防げますが、育毛剤でなければ髪は育ちません。

 

 

ただ、頭皮が荒れているなら、下手な育毛剤を使うと悪化する恐れがあります。

 

 

頭皮の炎症を抑える「無添加」の育毛剤を使うと良いです。

 

 

 

 

 

[抜け毛のケアは、早目が肝心]

 

 

「抜け毛が増えてきた。このまま薄毛にならないか、とても心配・・」

 

 

特にわたしは、頭皮にかさぶたや湿疹ができやすくて、抜け毛も気になっていました。

 

 

AGAクリニックは高額だし、薬の内服は副作用が心配。シャンプーは汚れを落とすだけだし、、将来的な薄毛予防には「育毛剤」がベストなので、育毛剤を使うことに。

 

 

 

 

いろいろ調べた結果、通販で超有名な「チャップアップ」を使ってみました。育毛剤の中でコレだけ、頭皮へのやさしさにこだわっていたのが決め手でした。

 

 


〜チャップアップを使ってから、感じた変化〜

 

●乾燥したフケや、地肌の皮むけが無くなった

 

●シャンプーでゴシゴシしても、抜けにくくなった

 

●地肌が見えにくくなった。髪の密度が濃くなった

 

●抜け毛の本数を見て、ショックを受けなくなった

 


 

1ヶ月間使って、具体的に何がどう変わったのかは、下記のページをご覧になってみてください。

 

 

 

女性の方はコチラの育毛剤がおすすめ(マイナチュレ) >>