MENU

頭皮の地肌が見える|猫っ毛でハゲるのが心配な方

「猫っ毛だと、地肌が薄く見える。これって将来やばいのかな?」

 

 

私も生まれつきの「猫っ毛」です。髪にいつもボリュームがでないし、"髪が細い"って美容師さんによく言われていました。

 

 

ちょっと雨で髪が濡れたり、照明に当たった自分の頭頂部を見るとゾッとしました。

 

 

「いやコレ、将来絶対ハゲそう・・」

 

 

ただ普通の髪質の人と違って、「このままずっとキープできるのか?」それとも「一気に来るのか?」という不安定な感覚。

 

 

薄毛に関する情報はあっても、「猫っ毛」にスポットをあてた情報は少ないと思います。

 

 

元・猫っ毛の管理人が「猫っ毛」さんの悩みについて、切り込みたいと思います。

 

 

1.やっぱり猫っ毛はハゲるの?

 

一番気になるのは「将来薄毛になるかどうか」。

 

結論から言いますと、

 

●生まれつき猫っ毛であれば、ハゲる可能性は低い。

 

●どんどん髪が細くなって、猫っ毛になっているならヤバイ。

 

ということ。

 

 

生まれながらの猫っ毛というのは、元々の「髪が細い」のです。遺伝によるもので、太さを変えることはできません。

 

 

ただ、薄毛になりやすいのかというと「NO」です。お父さんおじいちゃんがハゲているなら、危険はあります。でも、そうでなければ、基本的には大丈夫です。

 

 

もちろん、猫っ毛なので「薄毛に見られやすい」というのは、一生つきまとう問題ですが・・

 

 

生まれつきではなく、加齢とともに細い猫っ毛になっているのであれば、早急にケアをしなければなりません。男性型の脱毛症が進行している可能性が高いです。

 

 

割合から言うと、「生まれつき」の方が圧倒的に多いと思います。薄毛の家系でなければ、すぐにハゲてしまうリスクは少ないです。

 

 

ただ普通の人よりも髪にコシがないので、髪が寝やすいので薄毛に見られます。上から光があたると、下の部分がよりクローズアップされやすくなります。

 

 

帽子をかぶった後も、髪がぺしゃんこになりますよね。髪が細いので力がなく、一旦抑えられると起き上がる力が弱くなるのです。

 

 

2.猫っ毛を"ごまかす"方法はないの?

 

 

もともと髪が細い分だけ、密度は薄くなってしまいます。地肌がモロに見えるのを、避けたいものです。

 

 

せっかくおしゃれをして遊びにいっても、暖色球のあるバーとかに行きたくないですよね・・いつもよりアゴをあげて頭頂部を見えにくくしたり。

 

 

猫っ毛をごまかすことは、果たしてできるのでしょうか・・?

 

 

「猫っ毛は、ごまかすことができます」。なぜなら私は今も昔も猫っ毛。でも、"髪密度が増えた"ので地肌が見えなくなりました。

 

 

髪の密度を、増やすことができる!?

 

猫っ毛の髪質は、何をやっても変えることはできません。ですが、髪の密度をあげれば、「髪が細い」のはカバー出来ます。

 

 

別に植毛をしているワケではありませんよ。

 

 

私の場合は、1つの毛穴から生えてくる髪の本数が増えているのだと思います。

 

 

断定しないのは、おそらく考えられる原因はそれしかないからです。医学的に根拠はないのですが、"頭皮環境を整える"ことで毛穴から生える髪の本数が増えたのだと。

 

 

そこで質問です。

 

 

人間は、1つの毛穴から、何本の毛が生えるのでしょうか?

 

 

「1本」だと思ったあなた、間違いです。正解は、1つの毛穴から2〜4本の髪の毛が生えます。これは事実です。

 

 

1本の毛が枝分かれしているワケではないですよ。毛穴の穴から、2本3本と生えているのが普通なのです。

 

 

毛穴の数に個人差はほとんどありません。ですが、1本の毛穴から生える髪の本数は、個人差があります。

 

 

どうすれば髪が生えてくる本数が増えるのかは、まだ明らかになっていません。ちまたで言われているAGAの治療も、薄毛の進行を止めるだけですからね。

 

 

わたしは、頭皮環境をシャンプーと育毛剤で整えることで、猫っ毛を目立たなくできました。その理由は、毛穴から生える髪の本数が増えたからです。

 

 

どうして、毛穴の本数が増えたと言える?

 

「たしかめたワケでもないのに、どうして毛穴の本数が増えたって言える?」当然、疑問に思いますよね。

 

 

わたしの場合は、

 

●猫っ毛の髪質は、相変わらず。(美容師さんから未だに猫っ毛と言われる)

 

●髪の密度が濃くなった。明るい照明の下でも、地肌が見えることがなくなった。

 

という2つの根拠があるからです。

 

 

たまに実家にいくと、母親は不思議そうな顔をして「あんた、ずいぶん髪がびっしりになったね、どうしたの?」と疑いの言葉をかけてくるようになりました。

 

 

「いやいや、地毛ですけど(汗)」

 

 

私が行ったケアは、高いクリニックにいって治療を受けたり、植毛をしたワケではありません。

 

 

「頭皮環境を整えて、髪が生えやすい頭皮にした」これだけです。

 

 

普通の人と違うのは、「育毛剤」だけでなくて「育毛シャンプー」にもこだわったという点でしょうか。

 

 

シャンプーは洗い流せばいいと、当時の私は思っていました。ですが某育毛剤メーカーで営業をしている友人から、『育毛シャンプーの重要性』について聞いてから、考えが変わりました。

 

 

育毛シャンプーで、髪が生えるワケではありません。ですが、普段から抜け毛を防ぐ育毛シャンプーを使うことで、「髪が抜けにくい頭皮環境」を作ることができました。

 

 

[よく読まれている記事]

 

-PR-