MENU

薄毛の悩み・疑問記事一覧

ハゲていたら、女性と仲良くなることなんて無理なのかな・・どうやってもダメ?髪が薄い。まだ独身で、これから恋愛も結婚もしたいのに、無情にも薄毛になってしまった・・という方へ。ハゲだと第一印象が悪くなるのは当然だけど、もう一生女性から相手にされないのかな?と絶望的になっているかもしれません。ハゲている=女性に好かれない と早まってはいけません。少し視野を広げてみると、「ハゲてももてる人」はたくさんいま...

外人って普通にハゲてる人多いけど、なぜか格好いいのはどうしてだろう?日本人で薄毛の人を見ると、「ちょっと来ちゃったね〜」というあわれみの目で見られることが多いもの。でも外人は、俳優さんはもちろん街ですれ違うような観光客でさえも、「さわやかなハゲ」の人が多い気がしませんか?同じ人間で、ハゲ方もそんなに大差がないはずなのに、この違いはなんでしょう?薄毛が進行してきて、少しでもマシにしたい。外人さんみた...

別においしくないのに、薄毛であることをいじられて腹がたつ!!好きでなっているわけではないのに、人が気にすることをズケズケと言ってくる奴はいませんか?半分人を見下したような感じで、「髪、薄くなってきたね〜」などという心ない言葉。相手は「それくらいおいしいと思えよ」としか思っていないケースが多く、こちら側がいかに傷ついているかにまるで無頓着です。お笑い芸人じゃないんだし、笑い飛ばせない人の方が多いのを...

職場の先輩や同僚から、合コンに誘ってもらえない・・やっぱりハゲだから?若いのに薄毛になる、本人の努力ではどうしようもないことですよね。髪が薄くたって恋愛はしたい!出会いが欲しいから、友達や職場の人から合コンに誘ってもらえたらいいのに・・と思っていませんか。「あいつは、女友達が多いはずなのに・・」「セッティングをお願いしても、忙しいとかいつもはぐらかされる」自分の知らないところで「こっそり」合コンが...

ふざけんな。芸人じゃないんだから、ハゲをいじられてもツライだけだ。20代で薄毛がある程度進行してしまうと、それをネタに周りからからかわれる経験を持つことがあります。運悪く「変なノリ」がある職場に就職してしまうと、格好の「いじりのえじき」になってしまいます・・。プライベートな友人から過剰にいじられたら、人間関係を切ればいいだけのこと。でも職場だとそうはいかないですよね。これ以上馬鹿にされたくない。で...

まだ若いのに頭が薄くなってきたという悩み、本当につらいものがあります。どうして自分だけがこんな目に遭わなければならないのか。世の不条理さを感じてしまうかもしれません。10代20代ですと、まだ恋愛もたくさんしたいでしょうし人生を謳歌したい。はげてしまうと恋愛はおろか、結婚するのも絶望的に感じてしまいます。内面を見るというのは女子の建前であることが多いので、注意したいところです。死んでしまいたくなるく...

鏡で自分の髪を見ると、地肌が目立ち始めた。これ以上進行させたくない場合、どういうケアをすれば良いのでしょうか。男性の脱毛はAGAによるものですが、ゆるやかに確実に抜け毛を増やしていきます。抜け毛が気になると精神的ストレスになり、余計に脱毛しやすくなるという悪循環に陥ります。AGAは黙っていても良くなることはありません。生活習慣も原因の一つではありますが、規則正しい生活にしたところでAGAの進行は止...

普通の抜け毛か、AGAによる抜け毛かの見極めが大事ですよ!シャンプーして髪を洗うと、ごっそり排水溝に髪の毛が付着する。こんなに抜けて、大丈夫なの?と不安になる経験、あるかと思います。本格的な薄毛を実感する前でも、いつ急にハゲてくるか気が気でないですよね。「抜け毛は、どのくらいの本数だとヤバイ?」「シャンプー自体、しない方がいい?」「抜け毛予防に、良い方法はないの?」など、気になる不安や疑問点につい...

大丈夫だよ、って言ってあげたら、それでいいのですか?鏡越しに地肌が見えてきた。これってもうヤバイのかな・・それとも気にしすぎかな。将来的に薄毛になるのが怖い。当然ですよね、誰だってハゲるのは嫌ですし・・男にとっては、かなりの重大な関心ごとであるのは、間違いないと思うんです。今あなたは、どんな「答え」を求めているのでしょうか?きっと、「大丈夫、まだ気にするほどではない」と安心したいのでしょうか?それ...

髪に元気がないのはAGAのせい。AGAの「軟毛化」を防ぐことが何より大事ですよ。まだ20代・30代と若いのに、髪に元気が無くなっている・・薄毛の兆候を感じてはいませんか?将来的にハゲるのを、何とか防いでいきたいものです。薄毛ってある日を境に一気に来るケースもありますから、早すぎて悪いことは何一つありません。髪に元気を取り戻すには、どうすれば良いのかを紹介します。1.ハリ・コシがないのは、どういう状...

薄毛になりだしたら、どうして抜け続けるのか。ハッキリと理解していますか?髪が抜け続けていく。この世の終わりといってもいいくらいのショックがあるもの。「髪を清潔に保っていれば、いずれは進行が止まる・・」と祈るような気持ちで過ごしている方もいるかもしれません。薄毛=AGAになったら、きちんと「根本の原因」を抑えて先回りする必要があります。生活習慣を整えたり、育毛剤を片っ端から使っても、正直意味はほとん...

突然髪が細くなってしまうのは、頭皮でミニチュア化が始まっているからです。今までは髪の異変を感じていなくても、薄毛は突然やってきます。鏡を毎日見て、変化を感じ始めるころには既に進行が進んでいる状態です。家系的に薄毛の方は、いずれはAGAになる可能性が高いもの。「どうして、髪が細くなってしまうのか」「髪を太くするには、どうすれば良いのか」これ以上薄毛を進行させたくない方は、必見です。細い髪が目立つ理由...

ダメージを受けた地肌から変えていかないと、薄毛は解消しません。鏡ごしに見る自分の頭頂部。髪のスキマから見える地肌が悲しくなる。光の当たり具合によっては、薄さが更に強調されて恥ずかしくなるもの。蛍光灯だったらまだ良いですが、おしゃれなお店なんかにいくと発熱電球で余計に地肌が透けて見える。髪を短くしても、スカスカ度合いが変わらないのは「髪密度」が元々薄いからなのです。「地肌がスカスカになったら、もう手...

ハゲかけてきて、そろそろヤバイ状態になってしまったら、どう対策を打てば良いのか。人によって薄毛の進行状況には、大きな差があります。地肌が軽く見える人から、頭頂部がスカスカになるくらいの人もいます。「ハゲかけ」というのは、かなり深刻な状態と言えるかもしれません。「どういうケアをすれば良い?」「まだ、育毛ケアは間に合うの?」切羽詰まる思いと、あきらめの気持もどこかであったりしませんか。少しでも早く手を...

頭皮に皮脂や汚れがたまることは、薄毛の直接の原因ではありませんので注意を!「髪は清潔にしてないとハゲる」という話を、聞いたことはないでしょうか。わたしたちの身の回りには、「なんとなくそれっぽいこと」って結構あるんですよね。薄毛の情報もそうで「たしかな根拠がないのに、薄毛になる」という情報があふれてます。あれもこれも闇雲に信じてしまうと、何が正しくて何が間違っているのか自分を見失いがち。一つ一つ、ご...

若いのにハゲてしまうと、異性と付き合うことが絶望的に感じてしまうもの。果たして本当にそうなのでしょうか。恋愛もしたいし、将来的には可愛いお嫁さんをもらいたいと考えるのは自然なことです。ですが頭が薄いと、恋愛対象としては論外なのではないか、心配になります。女性には建前があるので、なかなか本当のことは言わない傾向があります。その点をより深く追求し、どう攻略していくのかをまとめました。薄毛も女子も、難攻...

髪にコシがなくなると、髪をセットする時に苦労する。せっかくワックスをつけてバッチリ決めようと思うのに、髪が思うように立ってくれない。ドライヤーの力を借りながら、無理矢理髪を固定させても「数時間の命」。当然家に帰ってきたら"ぺったんこ"になっている自分の髪にガッカリしてしまう。最悪、髪が元の状態に収まるならまだいいけれど、整髪料をつけているからその部分がべとついているみたいに見えるから最悪。まだ若い...

鏡を見るたびに「おでこ」が広がっているような気がする。額に指が何本入るだろう・・としょうもないことを考えてしまったり。後退が気になるから、前髪でばれないように隠そうとしても、逆に「奥行き」が目立ってしまうという現実。マッシュルームカットみたいにすれば、隠せるけど真ん中分けのような髪だったらスキマから見えてしまう。20代、人生これからなのに人の視線にビクビクしながら生活する辛さ。どうして自分だけハン...

抜け毛を防ぎ、薄毛を回復させるには「何となくのケア」では難しいです。しっかりと「医学的に根拠のあるケア」をすることで、道は開けます。髪の仕組みをしっかり抑えておいて、情報に振り回されないようにしましょう。育毛剤やシャンプー・育毛サロンには決してだまされないようにしたいものです。髪が抜ける本当の原因を抑える「この成分が髪に良い」「抜け毛促進には独自成分の○○が効く」薬事法でうたわれている範囲内で、少...

「どのくらい自分の頭がやばいのかは、女子に判断してもらった方が早い」。毎日、鏡で自分の頭を見ながら「ハゲているかな?」「もう駄目かな?」と心配する毎日。自分で意識過剰になってしまうこと、あると思います。でも。薄毛になって気になるのは「異性の目」だと思うんです。男はいつだって、女子からモテたいし恋愛対象に見られたい。自分の評価より、女子目線で「アリ」か「ナシ」かを判断してもらうのが一番良い。とはいえ...