MENU

将来薄毛になるかを診断する方法|自己流と病院どっち?

「昔から毛が細いし柔らかい。将来ハゲるのか、とても心配・・」

 

 

まだ髪の毛は残っていても、「いつ薄毛になるのか?」とビクビクしている方もいると思います。

 

 

特に、猫っ毛などもともと地肌が見えやすい人にとっては気が気でない。

 

 

あまり神経質になると、それがストレスになり毛髪の成長にも影響してきます。

 

 

将来薄毛になるかどうか?

 

 

AGAはすべての男性がかかるわけではありません。一生発症しない人もいれば、突然かかる人もいます。

 

 

将来AGAになるかどうかは、遺伝的にある程度決まっています。

 

 

ただ、「自分の父親(もしくは母親)が薄毛だから自分もやばい」という単純な話でもありません。

 

 

薄毛になりやすい「感受性」が受け継がれているのかという問題があります。

 

 

男性ホルモンが生まれても、必ず発症するとは限らない

 

感受性とは、AGAの影響の受けやすさとも言うべきものです。

 

 

AGAが発症するのは、男性ホルモンと、頭皮にある酵素が合体して「DHT」が生まれるからです。

 

 

DHTが毛母細胞にダメージを与えますが、DHTが活動するには「受容体(レセプター)」が必要です。

 

 

DHTが働く、受け皿のようなものをイメージしてみてください。

 

 

受け皿がしっかりしている(感受性が強い)と、DHTの働きを強く受けます。反対に感受性が弱いと、いくらDHTが生まれても毛髪には影響しません。

 

 

「感受性」があるかどうかで、AGAにかかるかどうかが決まります。

 

 

つまり、将来ハゲるかどうかというのは「受容体の感受性が強いかどうか」を判断するのが最も正確な判定方法なのです。

 

 

薄毛を判定する方法は2つある

 

まずは、AGAクリニックという専門の病院で検査を受ける方法。もう一つは、検査キットを使って自宅で受けるという方法です。

 

 

AGAクリニックでの検査

 

皮膚科で、将来的なリスクをはかることはできません。あくまでAGAの治療薬を処方するだけの場所になります。なのでクリニックに行く必要があります。

 

 

AGAクリニックは原則、治療を行うための場所。ですが、治療を受けなくてもオプションとして、検査を行ってくれます。

 

 

AGAクリニックの中でも良心的な「ヘアメディカル」を例に、お話しします。

 

 

病院ごとに検査の種類、料金は異なりますが全体のイメージをつかんでほしいと思います。

 

 

ヘアメディカルでは「AGA遺伝子検査」「ミネラル検査」「アンドロゲンレセプター遺伝子検査」の3つ。

 

 

将来的なAGAリスクがどのくらいあるか?がわかるには「アンドロゲンレセプター遺伝子検査」。

 

 

アンドロゲンレセプターとは、先ほどお話しした「受容体=受け皿」のことです。

 

 

DHT(ジヒドテストステロン)の影響をどれだけ受けるのかを判定します。遺伝的に判断するので、一度検査すれば将来的なリスクがわかります。

 

 

受けるたびに変わるものでは、ありません。

 

 

血液を採取して調べるというシンプルなものです。その場で判定はできず、検査結果は、約1か月くらいかかります。

 

 

1か月後、改めて検査結果を聞きにクリニックに行く、という流れです。時間はかかりますが、将来的なリスクを客観的に知ることができます。

 

 

ただし、どのタイミングで来るのかという「時期予測」はできません。もし「危険性が高い」と判断されれば、いつ進行するかは頭皮状態次第です。

 

 

入念に予防ケアを行うことが、求められてきます。

 

 

「AGA遺伝子検査」では毛髪採取で、AGAリスクを調べますが、AGAの治療薬が効くのかどうかをメインに判定するためのもの。

 

 

「ミネラル検査」は、髪に必要なミネラルが不足している、あるいはとり過ぎていないかどうかを知るためのもの。将来的なリスクは、判断できません。

 

 

「今、どのくらいやばいか」を知ることもできる

 

将来的なリスクというより、「今どの程度薄毛が進行しているのか」を知りたいという場合は、通常のカウンセリングをオススメします。

 

 

ヘアメディカルは良心的なクリニックですので、強引な勧誘もせずに気軽に頭皮状態を医師にきくことができます。

 

 

カウンセリングでは治療のや料金に関する説明をされますが、その後に医師の診察を受けることができます(5000円かかります)

 

 

頭部の写真撮影、マイクロスコープを使った診察をもとに、今の頭皮状態と診察を説明してもらえます。

 

 

将来的なリスクというより、今どの程度AGAになっていて緊急性がどの程度なのかを知ることができます。

 

 

治療を受けるか辞めるかは、こちらの判断にゆだねられますので安心して下さい。

 

 

他のクリニックと違い、高額なローンを組ませずに月額払いと良心的。ですが決して安い金額ではないので・・

 

 

まとめると、

●将来的なリスクを知りたい⇒アンドロゲンレセプター遺伝子検査を受ける

●ちょっと薄毛になりかけ⇒無料カウンセリング+診察を受ける

のが良いです。

 

 

ただし、注意したいのは「クリニックは診察してもらってナンボ」という部分が少なからずあるというところを念頭においてください。

 

 

強引な勧誘はないにしても、多少オーバーに治療の必要性を訴えてくる可能性はあるので、冷静に見れる目を持つことが大事です。

 

 

流されてしまいそうだ・・という方は、自宅で検査するというのもアリでしょう。

 

 

自宅での検査

 

AGAのクリニックに行かずとも、自分の家で遺伝子検査を受ける方法があります。

 

 

あらかじめ自分が薄毛になるリスクが大きいのか?小さいのか?を知っておくだけでも準備は違うと思いますし。

 

 

AGAの発症リスクを検査できる「AGAドッグ」とよばれる検査キットが有名です。

 

 

自分の家で、必要なものを準備して郵送する。後日検査結果が届くという、いたってシンプルなシステムになっています。

 

 

値段は12600円。クリニックで受けるよりもやや早いし、安いというメリット。通院しなくていいので、恥ずかしい思いをしなくていいというのもありますね。

 

 

採取するのは毛髪ではなくて、粘膜。「ほお」の内側に綿棒を押し当てて採取します。誰でも痛みなくできる方法です。これで大丈夫なの?という不安が起こりそうなくらいシンプル。

 

 

検査結果は毛髪のものと同じレベルだそうです。

 

 

アンドロゲンレセプター)の感受性の高さを遺伝子レベルで分析します。将来AGAになるリスクがどのくらいなのか、というのが郵送で通知されるのです。

 

 

家族にばれないように、中身がわからない状態で送ってくるのでプライバシー重視の人にもおすすめです。

 

 

どのくらい「きてる」かを調べたい方

 

AGAなのはほぼ間違いない。でも今実際に、AGAがはじまっているのか?を知りたい方へ。

 

 

AGAの進行度合いを表すので有名な「ハミルトン・ノーウッド分類」の表を見るのも一つ。でもあくまで机上の空論ですが・・

 

 

一応の薄毛の段階的な目安にはなるでしょう。

 

 

yahoo知恵袋で、頭皮の写真を貼って診てもらう。カテゴリーマスターの人にみてもらえば、それなりに信頼性はあるでしょう。

 

 

2ちゃんねるだと、辛口ですが、薄毛についてたくさん調べているコアな人たちからの意見がきけます。

 

 

後は、抜け毛の量が増えているのかどうか。抜け毛が以前にくらべて、細く短くなっていないのかというところも重要なチェックポイントです。

 

 

以前とは違う変化を感じたら、早めに手を打つべきですよ。