MENU

遺伝ではげるのを予防するには|専門家の診断が必須のワケ

親が薄毛だから、自分も近い将来同じような髪になるのではという恐怖。まだ若く髪があっても、しっかり対策を立てておくことはとても意義のあることです。

 

 

そもそも薄毛になるのは、遺伝的要素が強いからなのか。今からできる予防処置として、どうして病院でケアする必要があるのか。「遺伝と頭皮」の"気になる疑問"にお答えしていきたいと思います。

 

 

遺伝は薄毛にどう関わっているか

 

理解を深めていただくために、少し詳しい話をしたいと思います。

 

 

遺伝と薄毛については、強い関係があることは明らかになっています。薄毛になる原因はAGA(男性型脱毛)ですが、男性ホルモンDHTにより引き起こされる脱毛症状です。

 

 

男性ホルモンと遺伝の関連性は明らかではありませんが、遺伝により男性ホルモンの影響を「強く受けるかどうか」が決まります。これを感受性と呼び、感受性が高いほどAGAになりやすいのです。

 

 

影響を受ける場所を「レセプター」と呼びます。ちょうど受け皿のような形をしています。毛髪を成長させる「毛母細胞」の中に存在しています。わかりやすくするために、ジグソーパズルの凹の部分と考えてください。

 

 

遺伝により感受性が強い=凹の数が多いので、その分男性ホルモンDHT(=凸)と合体しやすくなるのです。合体したものは、毛母細胞の活動を邪魔します。これにより脱毛が起こってしまうのです。

 

 

本来の脱毛サイクルよりも早く抜け落ちてしまうので、薄毛になってしまう状態をAGAと呼びます。遺伝により「脱毛しやすい」頭皮状態であるかどうかが決まってくるワケです。

 

 

誰から受け継ぐの?

 

実際に遺伝的要素を誰から受け継ぐのか?気になるところではあります。母方から強く影響を受けるという説や、隔世遺伝でおじいちゃんから受けるという説もありますが、明確なものはまだありません。

 

 

父親がハゲている、母親が薄毛だから、自分も将来ハゲてしまうのだろうか・・と考えても答えはすぐには出ません。何年後かにその結果が、実体験をもってわかるというわけです。それでは遅すぎるのですが。

 

 

身内を見ても、はっきりとAGAになりやすい体質かどうかは決められません。ですが専門家に見てもらえば、自分が男性ホルモンの感受性が強いかどうかがわかります。

 

 

あらかじめ自分がAGAになりやすいことが判明していれば、早めに治療を受ければフサフサの状態を保てます。AGAは適切な治療を受ければ改善しますが、早く手を打つほど、かかる費用は少なくて済みます。

 

 

予防の第一歩は、専門家に任せよう

 

AGAの専門家といえば、AGAのクリニックを開業している医師になります。一般的な病院の先生ではありません。AGAのポスターや看板がある病院もたくさんありますが、病院では皮膚科や内科に置かれることが多いです。

 

 

皮膚科医や内科医は当然、AGAの専門家はありません。自身の担当している領域についての疾患のエキスパートです。ではなぜAGAのマークが病院内にあるのでしようか。それは「AGAの治療薬を取り扱いしています」という印なのです、

 

 

専門治療ができることを証明するものではなく、プロペシアと呼ばれる薬を処方できる場所という位置づけです。その証拠に、皮膚科ではプロペシアの処方や副作用程度の知識しか持っていません。あくまで診察と処方のみなのです。

 

 

病院の先生=AGAの専門家とはならないことを、知っておくと良いでしょう。繰り返しになりますが、専門家はAGAのクリニックを開業しているお医者さんになります。

 

 

クリニックとは、どんなところ?

 

クリニックと聞くと、育毛サロンやエステなどと同じようなところと考える方も多いかと思います。そのような利益主導の経営をしているところもたしかにあります。ですが基本は「病院側」の立ち位置です。

 

 

病院と同じく、患者さんに治療を施すことにより経営を成り立たせるものです。つまり悩みを解決するための処置をする場所、それがクリニックです。

 

 

クリニックは「医院」や「診療所」と呼ばれているのも、こうした性格を有しているからなのです。薄毛に悩む人をカモにするような場所ではありません。ただし、一部のクリニックでは育毛サロン側のスタンスのところもありますので、注意が必要です。

 

 

AGAのクリニックであれば、自分が遺伝的影響を受けやすいのかどうかを知ることができます。遺伝子検査という専用の検査を用意しているからです。自宅用でできるキットもありますが、より正確性を重視するなら専門家の指導の下に行うのが望ましいでしょう。

 

 

いきなりクリニックに行っても、遺伝子検査を行うことはできません。まずはカウンセリングを通じて、頭皮状態を見てもらうというステップが必要になります。

 

 

カウンセリングは無料で、クリニック専門のカウンセラーか、担当のドクターが直々に相談に乗ることもあります。自分自身の頭皮状態のチェックを受けられ、将来的にAGAがどの程度進行する可能性があるのかもこの段階である程度はわかります。

 

 

もっと自分の髪が遺伝による影響を受けるのかを知りたい、という方は別途遺伝子検査を申し込むという流れになります。遺伝子検査を受けるのは無料ではありませんので、ご注意ください。

 

 

カウンセリングまででしたら無料ですし、自分の髪の状態を知ることができます。遺伝子検査以外にも、治療を受けるとなるとどのくらいの費用がかかるかを知ることができます。

 

 

強引に商品を押し付けることもなければ、治療を強制されるものでもありません。最終的に判断するのは、こちら側にゆだねられますので心配はいりません。

 

 

実際、無料カウンセリングを何社か受けて実際の費用相場を確認するという人も多いです。こうしたかけもちカウンセリングができるのも、育毛サロンのように強引な勧誘がないからこそできるものかもしれません。

 

 

人気のあるクリニックですと、カウンセリングだけでも1か月待ちということもあります。AGAが治るものだと言うことが、医師だけでなく一般の方にも浸透しているため、治療をたくさん受けさせようと躍起になる必要はないのです。

 

 

毎日朝に鏡を見て、いつハゲるのか心配するよりも、行動してスッキリさせたほうが精神衛生上も良いですよ。精神的ストレスがたまるのも、頭皮には決して良いこととは言えませんから。

 

-PR-