MENU

自毛植毛とAGA治療、どっちが費用が安いか比較してみた

髪がかなり寂しいことになってきた。元の状態に戻すのはもう限界を感じているとき、植毛を考える方も多いのではないでしょうか。

 

 

髪を植えるのだから、相当なお金がかかるのは覚悟しつつも、費用的なことは気になりますよね。

 

 

元の髪を取り戻せたらコンプレックスなんて一発でなくなるし、人生変わるのは間違いない。あとはどのくらいのお金が必要になるのか。

 

 

植毛を考えている方、AGAで一から治療を受けるという選択肢もありだと思います。

 

 

リスクとリターンを考えると、植毛<AGAです。その根拠についてお話ししていきますね。

 

自毛植毛は、どのくらいかかる?

 

まずはここが気になるかと思います。

 

 

人工植毛に比べると、ランニングコストがかからないという点で「植毛するなら自毛」という風潮になっています。

 

 

自毛植毛のコストですが、
・「生え際」などの比較的狭い範囲・・30〜50万円。
・頭頂部の広い範囲(O型ハゲ)・・150〜200万円。
このくらいは必要になってくるわけです。

 

 

植毛は1株あたり単価800円など、株やクラフト単位で料金が出されますがイメージしにくいですよね。(株=クラフト=毛穴から出ている毛の束)

 

 

ちなみに人工毛植毛ですと、おおよそ3分の1程度で済みます。価格は魅力的ですが、その後の維持管理がとても大変です。

 

 

ヘアケア用品の切り替えも含めて、毎月出費が増えることになりますから。何より、1年もしたらその半分が抜け落ちるというのが何とも・・

 

 

AGA治療との比較

 

ここまでご覧になった方は、どのように感じたでしょうか。

 

 

「なんとかギリギリでいける」
「これじゃあちょっと無理かも」
いずれにしても、AGA治療と比べてみてください。

 

 

たしかに自毛植毛(以下、「植毛」とします)のようにすぐに髪を取り戻せません。即効性が一番のウリとも言えますから。

 

 

AGAは生えてきた後も、薬代がかかります。植毛は半永久的に髪を維持できるますし。

 

 

〜参考:どうして植毛は半永久的なの?〜
男性型脱毛(AGA)の原因になるのは、頭頂部と前頭部にいる酵素のせいです。

 

酵素が男性ホルモンと合体してDHTというホルモンができ、脱毛します。

 

植毛は後頭部や側頭部など、AGAの原因になる"酵素がない部分"から皮膚を移してきますので、脱毛を防げるというワケです。

 

 

20年間で試算してみました

 

今治療を受けて、20年後には総額いくらくらいかかるのか。シミュレーションしてみました。

 

 

[生え際の薄毛の場合]
○植毛  ・・50万円。
○AGA治療・・月1万円×1年。月5000円×20年=132万円。
※治療後は個人輸入で安く薬を入手した場合。

 

 

[頭頂部の薄毛の場合]
○植毛  ・・200万円。
○AGA治療・・月3万円×1年。薬代年6万円×20年=156万円。
※治療後は個人輸入で安く薬を入手した場合。

 

 

この結果からいえるのは、範囲が狭い場合は明らかに植毛がお得。反対に、頭頂部の場合はAGA治療を受けたほうが安くなります。

 

 

範囲が狭い場合は、迷わず植毛へGOすべきですが、それ以上のレベルになると微妙なところかもしれません。

 

 

安くなるといっても、ずっと薬を飲まなければいけないのは大変・・その「手間」という点と、植毛との価格差で悩むかもしれません。

 

 

ですが植毛も、良いことばかりではないのですね。

 

 

植毛自体にリスクがある

 

高いけど、自分の毛は戻るし、一生メンテがいらないから植毛。そう考える方も多いです。

 

 

植毛って実はお金の面以外にリスクが大きいという事実は、あまり知られていません。

 

 

日本皮膚科学会がまとめた「AGA診療ガイドライン」というのがあります。これはAGA治療で行うケアを「格付け」したものになります。

 

 

自毛植毛は、フィナステリドやミノキシジルに次ぐランクBなのです。

 

 

つまり、AGA治療として一般的に行われる「フィナステリド」や「ミノキシジル」よりも治療としてのお勧め度合いが低いのです。単に価格の問題で判断しているわけではありません。

 

 

はっきりとAGA治療より植毛の方が良い理由が明示されているわけではありません。しかし評価が低い理由を考えると、想像はつきます。

 

 

植毛は「移植手術」になります。毛髪を皮膚ごと移植する「美容行為」なのです。美容整形手術といってもよいでしょう。

 

 

かなり腕の熟練された医師でなければリスクが高いのです。経験が浅い医師がやると、どうなるのでしょうか。

 

 

・毛髪移植の際に、頭皮を傷つけてしまい跡が残る。
・移植した頭皮がなじまない(定着率が悪い)
・生え方が不自然になってくる

 

 

見た目の問題から、頭皮に悪影響を与えるものまで、リスクはさまざまなのです。そう考えると、安易に手を出すべきものではないとも言えます。

 

 

もちろんすでに腕の良い医師の情報が入手できるているのであれば問題ありません。

 

 

もしないのでしたら、ただ広告費を出してよさそうにみせている美容整形クリニックで行うのは危険ということ。

 

 

AGA治療も、リスクはゼロではありません。

 

 

ただ副作用が極めて少ないプロペシアとミノキシジルという薬である点、治療が終われば服用する量を最低限に抑えることができる点。

 

 

AGAクリニックでは無料カウンセリングをやっていますので、将来的なリスクについて見解を聞かせてもらうこともできます。

 

 

勧誘色が強くないところを選べば、カウンセリングだけで帰されますので心配はいりません。あくまで参考に話を聞かせてもらえばいいですし。

 

 

もしやってみようと思うのなら後日返答すればよいだけ。強引に進められて高額なローンをくまされたということもありませんので。

 

 

すぐに頭皮を取り戻せるという面では「植毛」が魅力的なのですが、リスクを考えるとベストな選択肢ではないかもしれません。

 

 

-PR-