MENU

バイオテックとリーブ21なら、どっちがいい?

バイオテックとリーブ21って、どっちの方がいいんだろうか・・?

 

 

業界最大手の「リーブ21」と、比較的新しい新興勢力の「バイオテック」。発毛サロンはどちらかで受けたい・・と考えている方も多いでしょう。

 

 

ホームページでなんとなくサロンの中身をみても、どっちが優れているのかわかりにくいと思います。

 

 

発毛サロン業界自体、ライバルの存在もあって中身がブラックボックスになっています。

 

 

では、どういう基準で選んだら良いのでしょうか?メーカーのホームページだけではわかりにくい部分に、切り込んでいきたいと思います!

 

 

 

 

1.リーブとの施術内容の違い

 

バイオテックとリーブ21、ケアはどういった違いがあるのでしょうか?

 

 

施術の流れとしては、両社とも共通している部分があります。

 

 

○頭皮状態を事前チェック

 

○専用の器具を用いながら、頭皮洗浄(抜け毛の防止)

 

○独自の育毛剤を頭皮に注入

 

○専用の器具を使いながら、浸透力を高める

 

さらに

 

○自宅ケアで、専用のシャンプーや育毛剤を使う

 

使用している器具や育毛剤などの中身は異なりますが、おおよその流れとしては一緒です。

 

 

汚れをとって抜け毛を防ぎつつ、髪を育てる栄養分を送り込み発毛を促進させるというものです。

 

 

バイオテックが優れているのは発毛理論

 

リーブは企業秘密にしている部分が多いのですが、バイオテックは「発毛理論」をオープンにしています。

 

 

○抜け毛を促進させる「角栓様物質(かくせんようぶっしつ)」を取り除く。

 

○発毛を促進させる「IGF-1」の増加。

 

両者のくわしい中身を知りたい方はこちら

 

 

「どういう仕組みで、元気な髪を育てるのか?」という理屈がバイオテックの場合わかります。リーブは企業秘密の部分があり、知名度と実績で信用できる人は、参加して下さいというスタンスです。

 

 

発毛理論がハッキリしているので、バイオテックの方が信用できるのは間違いないでしょう。

 

 

リーブ21が優れているのは実績

 

「発毛一筋」で40年以上続いているのがリーブ21です。悪い噂もたびたび聞きますが、本当に詐欺ならこんなに長く企業として生き残るのは難しいでしょう。

 

 

アデランスやアートネイチャーはかつらから増毛・発毛にもシフトしているのに対し、リーブは創業以来ぶれずにここまで来ています。

 

それだけ施術した実績、蓄積されたノウハウというのがあるということです。

 

 

2.リーブとの価格の違い

 

続いて、バイオテックとリーブ21の施術価格の違いです。

 

 

バイオテックはホームページにて料金を開示していますが、リーブは実際に利用した人からの口コミを元に判断しています。

 

 

バイオテック:半年間で約35万円・1年で約65万

 

リーブ21:半年間で約97万・1年で約170万

 

 

おおまかに言うと、リーブはバイオテックの3倍の値段がかかるという計算になります。

 

 

その方の頭皮状態によって価格が左右されますので、あくまで目安です。正確な料金は、施術体験を受けることでわかります。

 

 

どちらもいい値段がしますが、バイオテックの方が良心的な値段と言えるでしょう。

 

 

ちなみに施術を受ける期間ですが、効果が早めに現れる人で半年、平均すると1年くらいはかかっているようです。

 

 

3.リーブとの体験コースの違い

 

バイオテックの体験コースは?

 

90分×2回の無料体験コースがあります。

 

 

実際にバイオテックで行っている「頭皮洗浄」「発毛剤の使用」「機器を用いたケア」を一通りしてもらえます。

 

 

さらに、採取した抜け毛を専門の機関におくって、詳しい抜け毛の原因について解析してもらえます。

 

 

2回サロンに足を運ぶという手間はありますが、しっかり頭皮状態を診てもらえるのでやって損はないでしょう。

 

 

リーブ21の体験コースは?

 

リーブは「無料」と「有料」の体験コースに分かれています。

 

 

髪ドック

 

無料で頭皮状態のチェックをしてもらえるコースです。マイクロスコープを使って頭皮状態を確認し、専門のカウンセラーが現状をアドバイスしてくれます。

 

 

無料コースでは施術は体験できません。とりあえず頭皮状態だけ診てもらいたい人には良いかもしれません。当然リーブのコースを勧められますが、うまく交わしましょう。

 

 

Reve Xperience

 

カウンセリングと施術がセットになった、有料体験コースです。120分×2回。

 

 

発毛診断と実際の施術、アドバイスを2回も行ってくれます。

 

 

バイオテックとの違いは、1週間分のヘアケア用品を使わせてもらえるところです。

 

 

どのプランに申し込んでも専用シャンプーの使用は必須ですので、頭皮がどう変わるのかを自宅でも体感できます。

 

 

ただ、9800円かかりますのでお得感で考えると「バイオテック」に軍配が上がります。

 

4.リーブとのサロン(店舗)の通いやすさの違い

 

バイオテックのサロンはどう?

 

名古屋を拠点として、全国展開しています。リーブに比べると地方の方は通いにくいかもしれません・・。

 

 

北海道・岩手・宮城・東京(9)・神奈川(3)・埼玉(4)・千葉(4)・栃木・群馬・愛知(6)・岐阜(2)・三重(2)・静岡(2)
大阪(4)・京都・兵庫・岡山・広島・徳島・福岡・長崎・熊本・大分

 

 

地方の中の主要都市の駅近辺に集中していますので、郊外に住まわれている方は大変かもしれません。

 

 

ただ、せいぜい月に2回程度ですので、頑張って隣県から通う・・という人も中にはいるようです。あとは、出張が多い会社員は東京で契約しているケースも多いのだとか。

 

 

ちなみに、バイオテックの方が「きれいなお姉さん率が高い」との噂です。もちろんそれだけを目当てにしてはいけませんが・・。

 

 

お近くに店舗がなければ、リーブをおすすめします。

 

 

リーブ21のサロンはどう?

 

全国39都道府県の76店舗と、日本をくまなくカバーしています。お近くに店舗がある確率は、バイオテックよりも高いので通いやすさで考えるとリーブの方が上でしょう。

 

 

5.リーブとバイオテック、どっちが発毛できる?

 

最終的に、どちらで受けた方が髪が生えるのか?というのは難しいところです。

 

 

個人の頭皮状態や、施術がご本人に合うかによって左右されますので、絶対的な答えがないのです。

 

 

ただ、どちらに行くにしてもそれなりの金額を払うことになります。「失敗したら、まあいいや」の金額ではありませんので・・。

 

 

○実績で選ぶなら「リーブ21」

 

○価格・明瞭さ・体験しやすさで選ぶなら「バイオテック」

 

という選択肢になるかと思います。

 

 

おすすめしたいのは、両方の体験を受けてくることです。バイオテックは無料、リーブは有料のものを同じ日に受けてくるのです。

 

 

体験したからといって、すぐに契約するものではないので「家に帰ってから検討します」と言えば大丈夫です。

 

 

・今のあなたの頭皮状態だと、どういう治療が必要なのか

 

・どのくらいの期間で、どの程度の発毛ができるのか

 

・正確な料金はいくらか、追加費用はないか

 

 

以上の3点をしっかり聞き出し、両者を比べてみましょう。比べてみるからこそ、見えてくるものがありご自身が納得できる選択を送れるはずです。