MENU

抜け毛を予防するのはこの育毛剤!シャンプーでは無理

「抜け毛が進行するのが怖い。これ以上抜けたらハゲそう・・」

 

「抜け毛を防ぐ育毛剤が欲しい。どういうものが良いかわからない・・」

 

 

シャンプーするたびに抜け毛がごっそり増えて、ビクビクしていませんか。

 

 

排水溝を見ると、ちょっとした固まりくらい出た時の、あの恐ろしさ。

 

 

もしくは、朝起きた時の枕についている"毛の量"に驚かれているかもしれません。

 

 

ドライヤーかけるのも、シャンプーするのも怖くて仕方ないという方へ。

 

 

これ以上毛を抜けないようにするには、どういう育毛剤が良いのでしょうか。

 

 

シャンプーを変えても、抜け毛は変わらない

 

「もしかして、シャンプーのせい?」

 

 

真っ先に考えるのはシャンプーではないでしょうか。髪に刺激になっていて、それが脱毛の原因になっているのかと。

 

 

抜け毛が増えるのは、シャンプーと直接関係ありません。

 

 

シャンプーには、毛髪の成長を阻害する成分は含まれていません。

 

 

あくまで、頭皮環境を清潔に保つためのものです。

 

 

「皮脂詰まりがあると、毛が生えないのでは?」と思うかもしれませんが違います。

 

 

毛穴に皮脂が詰まると、育毛剤は浸透しにくくなりますが、生えている髪に影響はありません。

 

どのくらい抜けるとヤバいのか

 

抜け毛って、そもそもどれくらいだとまずいのでしょうか。

 

 

人間の頭皮は、ヘアサイクルがあります。成長する髪と、抜け落ちる髪が一定の数だけあります。

 

 

1日に、およそ100本の髪が抜け落ちるといわれています。男性も女性もです。

 

 

つまり、100本程度であれば何の問題でもないということ。むしろ頭皮状態が正常に保たれているのです。

 

 

100本ってどのくらい?と思いますよね。

 

 

いちいち排水溝や枕に落ちている髪を、ガムテープかなんかで集めて数えるのはつらいですよね。

 

 

目安として、100本は「排水溝が黒い塊」で埋める状態でなければ、問題ありません。

 

 

あとは、以前と比べて、明らかに体感する抜け毛の量が増えると黄色信号です。

 

毛が抜けないように、慎重に洗っても意味ない

 

今ある髪の毛を大事にしようという気持ち、すごくわかります。

 

 

ですが、抜けるものは食い止めても仕方がありません。

 

 

早いか遅いかの違いで、毛根から抜け落ちるのは時間の問題です。

 

 

髪が抜けてしまうのは、頭皮が「休止期」にあたる状態です。

 

 

もっと根本からケアしないと、薄毛の解決にはなりません。抜けにくくするケアを、することが大事なのです。

 

 

抜け毛が急に増えてくる状態は、本来抜けるはずのない髪の毛までが抜けてくる状態。

 

 

いわゆる「休止期脱毛」の状態なのです。

 

 

休止期脱毛を抑えるには

 

休止期脱毛?あまり、聞きなれない言葉かもしれません。

 

 

人間にはヘアサイクルがあると、すでにお話ししました。

 

 

脱毛が増える方は、髪が一番元気に生えている「成長期」の髪に急に「休止期」になり、脱毛症状が起こっているのです。

 

 

成長期は髪の9割ほどを占めています。

 

 

残りが、いつ抜けても良い状態のもの。この状態のものが落ちるであれば、問題ないのです。

 

 

そうではなく、4〜6年ほどある成長期の時点で、本来のサイクルより短く休止期に入るのが問題なのです。

 

 

本当は4年間元気な髪で生えている予定のものが、4年も待たずに抜け落ちてしまう。

 

 

こうした髪の毛の割合が、多くなってしまうのをAGAとよびます。

 

 

ちなみに、髪が成長途中で抜けてしまうのを「成長期脱毛」と呼びます。円形脱毛症が主なものです。

 

AGAとは?

 

別名:男性型脱毛 と言います。

 

 

男性ホルモンの一つDHTと呼ばれるものが悪さをして、毛母細胞を攻撃します。

 

 

攻撃された毛母細胞は、ヘアサイクルが短くなってしまいます。

 

 

こうした一連の流れをAGAと呼びます。

 

 

頭頂部の薄毛や生え際の後退が目立つ方は、AGAにかかっていると考えて間違いありません。

 

 

AGAが引きおこす男性型脱毛症を、休止期脱毛とよぶのです。

 

 

休止期脱毛を、抑えるには

 

では、休止期脱毛を抑制するには、どの育毛剤が良いのでしょうか。

 

 

AGAを抑制する成分、つまり男性ホルモンのDHT(ジヒドテストステロン)抑えるものが必要です。

 

 

DHTを抑制する成分に、フィナステリドがあります。プロペシアに代表されるものです。

 

 

皮膚科に行けば処方してもらえます。ただし、プロペシアには副作用もあるのでオススメはしにくいものです。

 

 

病気になったり、重大な副作用があるわけではありません。ただ精子の減少や、精液が薄くなる。性欲が落ちるリスクがあります。

 

 

育毛剤で、DHTを抑える成分というものもあります。医薬品ではない分、効果はプロペシアには勝てません。

 

 

ですが、副作用がないという大きなメリットがあります。あとは、ご自身の薄毛の進行状況によって決めるのが良いでしょう。

 

 

育毛剤からはじめて、それでもだめならAGAの薬を飲むのが一番良いですよ。