MENU

若はげに合う育毛剤はどれ?あなたはどっちのタイプ?

「まだ10代、20代なのに、早くも頭がやばいことになっている・・」

 

「手遅れになる前に、育毛剤で対策を打ちたい」

 

 

まだ若いのに、ハゲの前兆が来て焦っている方もたくさんいます。

 

 

これから恋愛もして、彼女を作って結婚して・・という現実に黄色信号。

 

 

死にたくなることも、あるかもしれません・・

 

 

女性の本音は、付き合ったり結婚する前に髪の毛があれば、そのあとはハゲても気にしない。という方が多いです。

 

 

つまり、早い段階でハゲてしまうと恋愛(結婚)対象外になる可能性がある・・

 

 

一人身になって寂しい思いをしないためにも、今からできることはドンドンすべきです。

 

 

まずは育毛剤で考えている方へ。どういう育毛剤が良いのか、一緒に見ていきましょう。

 

 

20代で若はげになるのは、遺伝か生活習慣か

 

そもそも、どうして若ハゲになってしまうのでしょうか。育毛剤紹介の前に、原因をしっかり抑えておきましょう。

 

 

原因によって、使うべき育毛剤も変わってくるからです。

 

 

若くして薄毛になるのは、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

 

遺伝的に薄毛になる場合

 

お父さん、もしくはお母さんの家系のいずれかの系統に、ハゲている方が多くいませんか。

 

 

薄毛になるのは、遺伝的要素があるということは証明されています。

 

 

ですが、父方母方のどちらが影響しているのかは、ハッキリとした根拠がありません。

 

 

遺伝によって、なぜ薄毛になりやすいのでしょう。

 

 

薄毛の原因となる「酵素(U型5αリダクターゼ酵素)」が、大きく関係しています。

 

 

話をわかりやすくするために、できるだけシンプルにお伝えします。

 

 

薄毛になるのは、元から男性の体内にあるホルモンに、酵素が合体して「薄毛ホルモン」ができるからです。

 

 

薄毛ホルモン(DHT)が、頭皮(毛を生やす毛母細胞)を攻撃して毛が抜け落ちます。

 

 

材料となるのが酵素なのですが、「男性ホルモンとのくっつきやすさ」は遺伝によるものが大きいのです。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)は、誰でも分泌されます。でも同じ男でもフサフサになる人と薄毛になる人は、ここに違いがあるのです。

 

 

酵素とホルモンとのくっつきやすさを「活性力」と言います。

 

 

ちなみに、男性ホルモンの分泌量とは直接関係がありません。

 

 

いかにも性欲ギラギラで男臭い男性ホルモンがたっぷりありそうな人でも、薄毛でないパターンは腐るほどあります。

 

 

遺伝の場合、頭のてっぺん(頭頂部)、もしくはおでこの生え際(M字部分)のいずれかの脱毛が目立ちます。

 

 

ストレスや生活習慣の乱れ

 

遺伝的要素が大きく関係する「若ハゲ」ですが、生活習慣パターンもあります。

 

 

普段から、ストレスがたまりやすかったり。不規則な生活をしていると薄毛になりやすくなります。

 

 

なんとなく、髪に良くないですという意味ではありません。ちゃんと根拠があります。

 

 

ストレスと抜け毛の関係

 

「ストレスは万病の元」と言われるほど、体には悪影響を及ぼすものでもあります。

 

 

髪にも悪影響を与えるものです。具体的には「血行不良」を引き起こします。

 

 

頭皮にも当然毛細血管があり血液が流れます。ストレスを受けると、体が興奮し交感神経が活発になります。いわゆる戦闘モードです。

 

 

交感神経が活性化すると、血管を収縮させて戦闘モードに入ってしまいます。

 

 

その結果、血液が流れにくくなります。血行不良になると、髪に栄養分が届けられず成長が悪くなってしまいます。

 

 

乱れた食生活

 

食生活の乱れも、大きく薄毛と関係しています。

 

 

親元ではなく、一人暮らしの人に多いのが栄養の偏り。

 

 

髪の栄養になるのは「ミネラル」。いろいろな食べ物から摂取することができます。

 

 

ミネラルは体で作り出すことができず、常に外部から補給してあげなければなりません。

 

 

ファーストフード中心、お肉中心の生活ですとミネラルは不足します。

 

 

食品添加物は、ミネラルの一つ「亜鉛」の吸収を阻害します。

 

 

それらの結果、髪に必要な栄養分がいかなくなり、発育が悪くなるのです。

 

 

睡眠不足と髪の関係

 

若いうちは、飲み会などでつい朝まで飲んだり遊んだりすることも多いでしょう。

 

 

睡眠時間を一定時間確保しても、朝方に寝て昼に起きるのでは髪に悪いです。

 

 

なぜなら、成長ホルモンが分泌されないからです。

 

 

成長ホルモンは、髪の新陳代謝をサポートする大事なものです。

 

 

22時から2時までの間に、分泌が盛んになります。つまり、この時間に眠らなければ成長ホルモンがしっかり出されません。

 

 

一見、髪と睡眠は無関係のように思うかもしれません。ですがとても重要な役割を果たしているのです。

 

 

タイプ別の対策方法

 

遺伝による場合

 

若いうちに遺伝要素で薄毛になる場合、若年性脱毛症と言います。

 

 

男性型脱毛症(AGA)のひとつで、20代〜30代という若い年齢で発生する脱毛症のことを指します。

 

 

一般的なAGAのケアと同じ治療になります。AGAの場合、専門のクリニックで薬を処方してもらいます。

 

 

とはいえ、クリニックは高額で、少なくとも月3万〜の1年間ですから、36万程度は最低かかります。

 

 

症状によっては、1年では済まず、2年3年と治療にかかります。中古車一台買えるくらいです。

 

 

育毛剤でも、AGAのケアができるものがあります。そうしたものを使って、様子見をするのが良いでしょう。

 

 

生活習慣の場合

 

血行促進する育毛剤はリアップが有名ですが、あくまで血行促進のみに力を発揮するもの。

 

 

髪の栄養を与えつつ、血行促進できるのは「グローパワー」などの育毛剤を使うと良いです。

 

 

 

[抜け毛のケアは、早目が肝心]

 

 


 ・頭皮が荒れて、ガサガサ、フケ、湿疹が出る

 

 ・抜け毛が増えてきた

 

 こんな症状で困っていませんか?



 

荒れやすい頭皮ですと、毛根にまでダメージが広がります。

 

 

ダメージを受けて抜けた毛は、ヘアサイクルが乱れるので「髪が生えにくく」なります。

 

 

対策は、「頭皮にやさしい」育毛剤を使って、頭皮を守りながら頭皮環境を整えるとよいです。

 

 

「チャップアップ」は、「頭皮へのやさしさ」にこだわってる数少ない育毛剤です。頭皮に刺激を与えず、抜け毛のケアができます。返金保証付きなので、とりあえず試すこともできます。