MENU

男性ホルモンを抑える育毛剤|頭頂部・M字に悩む人必見

「薄毛の原因は、男性ホルモンだけど、どう対策すれば良い?」

 

「男性ホルモンを直接、育毛剤で抑えられるの?」

 

 

薄毛といえば、AGA。名前を聞いたことがある方がほとんどでしょう。

 

 

男性ホルモンが原因だとわかっていても、詳しいことがわからない方も多いと思います。

 

 

そもそも、男性ホルモンを抑えれば、自分の頭皮の悩みは解消するの?

 

 

肝心なところは「自分の薄毛が改善するのか」どうか。

 

 

AGAを改善すると、どういう頭皮状態の人に効果があるのか。

 

 

また、AGAに効果的な育毛剤は何かも紹介します。

 

 

男性ホルモンのケアをすると、どんな薄毛に効く?

 

薄毛になる原因は「DHT」と呼ばれる男性ホルモンです。

 

 

「ジヒドテストステロン」という名称の、成分です。

 

 

DHTを抑える事で、

 

・頭頂部(てっぺん)の薄毛

・生え際の後退

 

でお悩みの方には、効果が期待できます。

 

 

逆に、髪全体が薄いですとか、髪が細くなったりするのは別の原因です。

 

 

髪に栄養を与えたり、血行促進するケアが必要です。

 

 

どうして、頭頂部と生え際なの?

 

DHTの原料となる「酵素」が、たくさん分布しているからです。

 

 

元々人間の体内にある酵素で、T型とU型があります。

 

 

このうち、U型の酵素「5αリダクターゼU型」がハゲの原因となります。

 

 

U型の酵素がたくさんあるのが、てっぺんと生え際(M字)の部分なのです。

 

 

男性ホルモン(テストステロン)+酵素=DHT(ジヒドテストステロン) の完成となるわけです。

 

 

〜参考〜 DHTが頭皮に働きかける仕組み

 

DHTが生まれると、脱毛因子が発生します。

 

脱毛因子は、髪の栄養を蓄え、髪を伸ばす「毛母細胞」の働きをストップさせます。

 

毛母細胞がストップすると、成長期にあった髪の毛が退行期になり、抜け落ちます。

 

DHTは1本1本の毛髪に対して、脱毛因子を作り出し攻撃するのです。

 

 

男性ホルモンと酵素の量は、関係ない

 

AGAを抑えるには、DHTホルモンが作られないようにすれば良いのです。

 

 

DHTの原料になるのは、「テストステロン+酵素」です。

 

 

男性ホルモンの分泌を抑えれば良いのでは?と考える方もいますが、難しいです。

 

 

まず第一に、男性ホルモン自体を抑える事はできないということ。

 

 

そもそも、男性ホルモンの「量」を減らしても、DHTのできやすさは変わらないということ。

 

 

DHTが作られるかどうかは、量の問題ではありません。

 

 

元々遺伝的に持っている、「テストステロンと酵素のくっつきやすさ」が問題なのです。

 

 

(アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体))

 

 

酵素の活性力が高いと、薄毛になりやすい

 

よく「家系的にはげやすい」という話があります。

 

 

遺伝で、DHTの作られやすさというのは決まっています。

 

 

だから、年齢を重ねるとハゲてしまう家系になるのです。

 

 

DHTが作られないように、ブロックするのがAGAの治療なのです。

 

 

DHTは、育毛剤で抑えられる?

 

抑える事は可能です。

 

 

それぞれの育毛剤メーカーも、AGA対策に力を入れています。

 

 

いかにDHTに効果がある成分を、頭皮に送り込むかに研究が費やされています。

 

 

ただ、DHTを抑える最も有効な成分は「フィナステリド」です。

 

 

代表的な薬に「プロペシア」があります。名前は有名ですね。

 

 

フィナステリドを配合した育毛剤はなく、皮膚科やAGAクリニックでの処方になります。

 

 

フィナステリドは、医学的に根拠がある成分です。DHTの生成を抑える効果があります。

 

 

プロペシアしか、方法はないの?

 

正直なところ、フィナステリドが配合されたプロペシアを飲むのが一番効果的です。

 

 

ただ、効果がある反面「副作用」もあります。

 

 

男性機能の低下など、思わぬ不調がでることもあるのです。

 

 

国が販売する薬ですから、変なものはないと思われるかもしれませんが。

 

 

人体に影響するようなものはありませんが、男性器・男性機能へのリスクがあるのはたしかです。

 

 

そして、プロペシアは一度服用すると一生服用しなければなりません。

 

 

服用し続けないと、AGAの症状を抑えることができないからです。

 

 

そういったデメリットを感じて、育毛剤でAGAを抑えるものを使う方も多いです。

 

 

具体的にどういった育毛剤が良いのか、別のページにまとめてみました。