MENU

M字ハゲに効く育毛剤|プランテルが効かなかった方

「おでこの生えぎわが、どんどん後退している気がする・・」

 

「M字ハゲを食い止める育毛剤が欲しい。プランテルはダメだった・・」

 

 

男性の薄毛の悩み。てっぺんハゲについで多いのが「M字ハゲ」。

 

 

そり込みが入ったようになって、痛い視線を浴びる毎日は辛いですよね・・

 

 

M字を少しでもなんとかしたい。育毛剤をすでに試した方も多いと思います。

 

 

でも、育毛剤が効かない。

 

 

どうして育毛剤が効かないのか、どういうものなら良いのか紹介します。

 

 

プランテルが効かない場合もある

 

「M字に効く」という宣伝をしている、有名な育毛剤「プランテル」。

 

 

ピンポイントで悩みに答えてくれるので、「これだ!」と思った方も多いのではないでしょうか。

 

 

でも、効かないという人が多いのも事実です。

 

 

そもそも、どの辺が「M字専用」なのか、わかりにくくありませんか?

 

 

男性ホルモンを抑える成分が、入っているのはわかりますが・・

 

 

M字が進行するのは、AGAが原因

 

おでこの生え際が薄毛になるのは、AGAが原因です。

 

 

DHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して、毛母細胞を攻撃しヘアサイクルを乱します。

 

 

DHTが発生しやすいのは、「生え際」と「頭頂部」の二箇所になります。

 

 

どうしてこの二箇所が発生しやすいのかと言いますと。

 

 

DHTの原料になる酵素(5αリダクターゼ)が多いからです。

 

 

T型”は側頭部と後頭部に存在し、“5αリダクターゼU型”は前頭や頭頂部に存在します。

 

 

AGAに関係するのは、U型です。

 

 

生え際のケアをするなら、AGA対策ができる育毛剤が必要なのです。

 

 

ちなみに、プランテルはDHTを抑える成分が配合されています。

 

 

それでも効かないことが多いのは、どうしてなのでしょう?

 

 

M字が改善しないのは、皮膚が固いのが原因

 

 

「育毛剤が効かない」と思う方も、多いでしょう。

 

 

特に、一度二度は育毛剤を使ったけれど失敗してしまったという方は。

 

 

ですが、育毛剤で抜け毛が減った、生えてきたという人もいます。

 

 

この差は一体、何なんでしょうか?

 

 

「頭皮の固さ」が関係しているのです。

 

 

M字になっている人の多くは「生え際が硬い」という特徴を持っています。

 

 

ためしに、手を使わないで、頭皮を動かすことができますか?NOなら、相当頭皮が固くなっています。

 

 

頭皮も顔と同じ、皮膚がつらなってできています。

 

 

顔と頭の境目なので、動きに対応するために厚みがあります。そのことも影響しています。

 

 

皮膚が固くなると、皮膚を流れる血液もスムーズに流れません。

 

 

つまり、血行不良になってしまうのです。

 

 

血行不良になると、髪に届くはずの栄養分が届けられません。だから髪が育たず薄毛になるのです。

 

 

頭皮(地肌)が固いと、育毛剤が浸透しない

 

皮膚が固いと、「内側」にある血液の流れが悪くなります。

 

 

これだけではありません。

 

 

皮膚の外側、つまり「毛穴」の部分も固くなります。毛穴から、育毛剤が浸透していきます。

 

 

皮膚が固いので、育毛剤が毛穴から浸透しにくいのです。

 

 

本当は、しっかり浸透すれば効果があるものが、きちんと浸透しない。

 

 

だから「効かない」と勘違いされて、あきらめてしまう。こういうこともあるわけです。

 

 

今までの問題点をまとめますと、

 

・生え際の皮膚が固い。

 

・血行が悪くなり、髪に栄養が十分に行かない

 

・育毛剤の浸透が悪い。

 

だから生え際が薄くなりやすい。という流れになります。

 

 

生え際の薄毛には、どう対処すれば良い?

 

皮膚が固いという問題、どうすれば良いのでしょうか。

 

 

頭皮を直接、マッサージするのも効果的です。ただマッサージは素人がやっても力加減がわかりにくいもの。

 

 

かといって、頭皮のマッサージに通うのもお金がかかります。

 

 

皮膚を柔らかくすることも大事ですが、育毛剤で改善することもできます。

 

 

「浸透する」育毛剤を使うのも、一つの方法です。

 

 

スプレーでも液体でも良いのですが、地肌に塗った成分をしっかり毛穴から届けること。

 

 

毛乳頭や、毛母細胞に直接作用し、毛髪を活性化させることが必要です。

 

 

そのために、「頭皮に浸透する」ものが良いのです。

 

 

いくら良い成分が配合されていても、浸透しなければ意味がありません。

 

 

では、どういった成分だと頭皮に浸透するのでしょうか。

 

 

浸透する育毛剤を使いましょう

 

プランテルも有名ですが、チャップアップやポリピュアなども有名どころです。

 

 

あとはリアップ・ブブカ・イクオス・サクセス・モウガなど市販から通販まで色々あります。

 

 

知名度で選ぶのではありません。

 

 

頭皮に浸透する成分が入ったものを、選ぶのが良いです。

 

 

「フィンジア」という育毛剤を、ご存じでしょうか。

 

 

フィンジアは知名度こそ劣るものの、浸透力に定評がある育毛剤なんですね。

 

 

地肌への有効成分の浸透を良くする成分として、「カプサイシン」があります。

 

 

唐辛子のカプサイシンです。辛いモノを食べると、汗を大量にかくことがありますよね?

 

 

汗をかくのは、毛穴が開いているから。

 

 

フィンジアはそこに着目して、頭皮を開くためにカプサイシンを使っているのです。

 

 

毛穴がオープンした状態で、育毛成分をそこに送り込むイメージです。

 

 

こうすることで、しっかりと髪を育てるのに良い成分が、毛母細胞(毛乳頭)に行き渡ります。

 

 

M字ハゲに有効な、AGA対策する成分も入っています。

 

 

AGAをケアする成分+浸透しやすい = 効果を実感しやすい。

 

 

プランテルも「M字に良い」と言われていますが、より効果的なものを探している方はフィンジアです。

-PR-