MENU

若いうちから育毛剤を使う方が良い?それとも逆効果?

「まだ、髪があるうちに薄毛対策を、しっかりしたい・・」

 

「育毛剤のケアは、早すぎる?何歳くらいから使えば良いの?」

 

 

男性であれば、常に気になるのが「薄毛」。いつはじまるか、ビクビクしていませんか?

 

 

いざ薄くなってからでは、遅いというのは耳が痛いほどわかっていると思います。

 

 

多少フライング気味に、育毛剤を使ってケアするのが良いのでしょうか?

 

 

やっぱり、できるだけ早く育毛剤を使いたい!と思っている方。

 

 

気になる疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

早めに対策したい、でも不安がある

 

無計画で進むより、取り返しのつかないことがないようにしたいもの。

 

 

早め早めで手をうつこと、果たして良いのでしょうか?

 

 

結論から言いますと「問題ありません」。

 

 

仮にこれが、AGAクリニックでの治療の場合は、もう少し待ってからでも良いです。

 

 

なぜなら、プロペシアなどの「薬による治療」だからです。

 

 

20歳未満の未成年で、服用するのは危険です。

 

 

また、あまり早い段階で飲むのも副作用の恐れがあります。

 

 

育毛剤は、副作用を心配せず使えるものです。なぜなら医薬部外品だからです。

 

 

医薬品と違い、医師の診察を必要とせず使えるものだから。

 

 

人体に対して、緩やかな効能が期待できる成分のみ、配合されているからです。

 

 

(※大正製薬の「リアップ」を除く)

 

 

育毛剤に、どんな不安を持っていますか?

 

育毛剤を早く使って、悪影響が起こる心配はありません。

 

 

でもまだ、モヤモヤとしている方も多いのではないでしょうか。

 

 

気になる疑問を、"一つ一つ"つぶしていきましょう。

 

 

人間が本来持つ力が、失われるのでは?

 

根拠はないけれど、早くに薄毛対策をすると体に悪影響が起こりそうなイメージ。

 

 

自然治癒力ではないですけど、本来持つ力が失われてしまいそうな気がしませんか?

 

 

外部の力で、無理矢理頭皮を活性化させる危険性は、あるのか。

 

 

そんなことは、ありません。

 

 

育毛剤が、直接頭皮の毛が生える部分に働きかけて伸ばす。そういうものでは、ありません。

 

 

あくまで育毛剤は、

 

・頭皮の血行促進 ・毛母細胞に栄養を届ける ・脱毛の原因を防ぐ。この3つの作用のみです。

 

 

"直接毛を生やす"のではなく、"毛髪が生える環境を整える"のが、目的だからです。

 

 

育毛剤は、ハゲあがった人には効果がありません。

 

 

発毛する「毛生え薬」のような効能は、持ち合わせていませんので。

 

 

耐性ができたりしない?

 

10代後半や20代前半など、若い内から飲み続けていると耐性ができそうな恐怖、ありませんか。

 

 

段々と育毛剤の成分が、効かなくなってくるような。はじめは効いていたのに。

 

 

そもそも耐性とは、「同じ刺激に体が慣れてしまい、反応しなくなってしまう」ことを指します。

 

 

育毛剤は、耐性の心配はありません。

 

 

なぜなら、耐性は「薬を服用した場合のみ」起こるからです。

 

 

育毛剤は、薬ではありません。何度も言いますが「医薬品」ではなく「医薬部外品」なのです。

 

 

強い効き目があるものではないのですが、人体に影響があるものでもないということ。

 

 

薬を飲むのは、あくまで薄毛の症状(AGA)が進行している方の場合です。

 

 

髪が元気なうちに使うと、髪に悪そう・・

 

なんとなく、髪に悪そうなイメージがありませんか?育毛剤。

 

 

髪の成長を促すといっても、長年使い続けていると髪を傷めそうなイメージ。

 

 

髪を傷めることはないですが、「地肌」が荒れることはあります。

 

 

安い育毛剤の多くには、アルコールが配合されています。

 

 

すーっとした清涼感を感じさせ、いかにも効いているように装うためです。

 

 

もともと頭皮が敏感な方ですと、アルコールが刺激になってヒリヒリしたり炎症の可能性があります。

 

 

育毛剤選びの時は、アルコールフリー もしくは ノンアルコールを使うのが鉄則です。

 

 

ただし、特定の成分が、髪を傷つけたり毛根を傷めることはありません。

 

 

あくまで地肌への影響です。

 

 

育毛剤の有効成分が、髪を成長する邪魔をすることはありませんので。

 

 

結論:早めに使うのが良い。

 

育毛剤に関する不安は、取り除けたでしょうか。

 

 

いずれにしても、薄毛を将来的に予防・防止したい場合は「即効で使う」に限ります。

 

 

行動を起こしても、リスクがほとんどないのが育毛剤です。

 

 

「お金がかかる」という、金銭的リスクはありますが。

 

 

お金よりも、将来的なリスクの方が気になるとは思います。

 

 

 

[抜け毛のケアは、早目が肝心]

 

 

「抜け毛が増えてきた。このまま薄毛にならないか、とても心配・・」

 

 

特にわたしは、頭皮にかさぶたや湿疹ができやすくて、抜け毛も気になっていました。

 

 

AGAクリニックは高額だし、薬の内服は副作用が心配。シャンプーは汚れを落とすだけだし、、将来的な薄毛予防には「育毛剤」がベストなので、育毛剤を使うことに。

 

 

いろいろ調べた結果、通販で超有名な「チャップアップを使ってみました。

 

 


チャップアップ

 

 

数ある育毛剤の中でも「頭皮にやさしい無添加」であること、「必要な育毛成分を網羅」していることが決め手でした。

 

 

はじめは、「これで本当に、抜け毛は大丈夫なんだろうか・・」と不安でした。ところが、「チャップアップ」を使いはじめて2週間がたったころから、"予想以上のうれしい変化"を頭皮に感じるようになりました。

 

 

 

 

女性の方はコチラの育毛剤がおすすめ(マイナチュレ) >>