MENU

薄毛を治すなら病院と育毛剤どっちが良い?比較しました

頭がハゲかけてきた・・なんとか薄毛を食い止めたい。

 

 

病院に行くべき?それとも育毛剤でなんとかなるもの?

 

 

どういうケアをするのが、今の自分の頭皮に良いのかわからない方へ。

 

 

CMでもやってましたよね。薄毛はお医者さんに相談だと。

 

 

でもその一方で、CMや雑誌にはフサフサになった人の育毛剤もある。

 

 

どっちがどういう特徴があるのか、わかりやすく説明していきたいと思います。

 

 

病院か育毛剤か、悩んでいる方は必見です。

 

 

1.病院と育毛剤のメリット・デメリット

 

 

両者について、良い点と悪い点を比べてみました。

 

 

病院について

 

 

まずは病院から紹介します。

 

 

このサイトでは、「病院=AGAクリニック」という定義にさせていただきます。

 

 

皮膚科でもAGA治療は受け付けてもらえますが、皮膚科医は毛髪の専門家ではありません。

 

 

薄毛用の治療薬「プロペシア」という薬は処方してもらえるだけです。

 

 

プロペシア単体で効く場合もありますが、効かない場合もあります。

 

 

仮に効かない場合、他の選択肢を持ち合わせていないのです。

 

 

ですので、病院よりもAGAクリニックで薄毛治療を受けるのが一般的です。

 

 

ちなみに、AGAクリニックは「育毛サロン」とは別物です。クリニックは医療機関ですので。

 

○メリット

 

・AGAが進行した人も、治療が受けられる。

 

・医学的に根拠がある、治療法を受けられる。

 

・頭皮の専門家にみてもらえるので、自己判断で失敗しない。

 

 

○デメリット

 

・費用が高い。投薬治療で月2〜3万。

 

・場合によっては、さらに専門の治療が必要なケースも。

 

・通院が面倒。有名どころのクリニックは都市部にしかない。

 

・投薬なので、毛が生えた後も続けないと元に戻る。

 

・薬には副作用がある。

 

育毛剤について

 

 

続いて、育毛剤についてです。

 

○メリット

 

・費用が安い。月1万以内で治まる。

 

・薄毛の進行が浅い人には、効果が高い。

 

・手軽に使える。

 

・副作用の心配がない。

 

 

○デメリット

 

・AGAが本格的に進行すると、意味がない。

 

・あくまで、現状維持や薄毛進行を遅らせるのが目的。

 

・医学的根拠のある成分が、基本的には使われていない。

 

(病院より効果が落ちる)

 

・自己判断のため、今のケアを継続して良いかの見極めが難しい。

 

 

それぞれに一長一短がありますが、違いがイメージできたでしょうか。

 

 

2.病院治療は、どういう流れ?

 

病院(=AGAクリニック)では、具体的にどういう治療を受けられるのでしょうか。

 

 

育毛剤に気持ちが傾いている方も、参考にしてみてください。

 

 

〜診察の流れ〜

 

1.無料カウンセリングを受けます。

 

頭皮状態をチェックしてもらい、どの程度の治療費用・期間がかかるのか説明を受けます。

 

それで良ければ、後日契約というのが一般的な流れです。

 

 

2.診察

 

本格的にドクターより問診を受けます。第一回目の投薬治療を行います。

 

薬は「プロペシア」「ミノキシジル」が中心です。自宅で毎日、服用します。

 

 

3.通院

 

月1回を目安に、クリニックに通います。ドクターの診察を受け、再び1ヶ月分の薬を処方してもらいます。

 

 

4.AGAの症状が改善するまで、3を繰り返します。

 

 

料金の支払いは、半年or1年分をまとめて支払う(ローン可)か、月額制のいずれかです。

 

ほとんどのクリニックは、まとめて支払うタイプになります。

 

 

育毛剤で代用もできる

 

 

正直、AGAクリニックで治療を受けた方が確実です。

 

 

ですが、現実問題「お金が高すぎる」というのがあると思います。

 

 

実は育毛剤でも、AGAクリニックで受けている治療法近いケアができるのです。

 

 

「フィンジア」と呼ばれる育毛剤です。

 

 

育毛剤というと、チャップアップだったりサクセスやカロヤンが有名どころですが・・

 

 

フィンジアには、プロペシアの成分フィナステリドと同等の効果を持つ成分。

 

 

ミノキシジルと同等の効果を持つ成分。

 

 

両方を配合しているのです。

 

 

ただし、医薬品ではないので効果は薬よりも落ちます。ですが同じ働きを持っています。

 

 

フィンジア以外にも、「リアップ」も該当します。大正製薬のCMでおなじみです。

 

 

リアップの場合は、クリニックで使われているミノキシジルをそのまま配合しています。

 

 

ただし、プロペシアのフィナステリドは配合されていません。

 

 

これまでの話をまとめると、

 

 

○フィンジアを使う

 

○リアップ+プロペシア(皮膚科で処方)

 

というパターンでも良いのです。

 

 

クリニックによっては、頭皮に栄養を与える「亜鉛」を処方する場合があります。

 

 

この場合でも、市販の「亜鉛サプリ」を補うことで代用できます。

 

 

(病院治療と、どれくらいのコストの差があるかは、追って紹介します。)

 

 

髪、そろそろやばくなってきた。育毛剤を使うべき?

 

 

まだ本格的に薄毛にはなってないけど、鏡越しに見る自分の頭頂部がさみしく感じませんか。

 

 

「ケアしたいけど、何から手を付ければいいんだろう」

 

「鏡を見るのが怖くて、何も手がつけられない」

 

 

髪は手遅れになる前に、十分すぎるくらい準備をしておいて損はありません。頭が薄くなってしまうと、人生が終わったも同然になるくらいショックなことだから。

 

 

私は30代ですが、20代の頃からケアをしっかりしてきたので髪はキープできてます。いろいろ試行錯誤した結果、わかったことがあります。

 

 

大事なのは、"育毛剤とシャンプーをセットで考える"ことです。

 

 

育毛剤だけ使えばいい?そんなことはありません。シャンプーで頭皮環境を整えないと、どんなに良い育毛剤を使っても意味ないですからね。

 

 

ケアは早くはじめるのも大事ですけど、方向性も間違えないように気をつけた方がいいですよ。