MENU

なぜ銀座総合美容クリニックは評判が良いのか|薄毛の治療

「銀クリ」の愛称で親しまれている「銀座総合美容クリニック」。

 

 

薄毛クリニックは悪評が尽きないところが多い中、どうしてここは評判が良いのでしょうか。

 

 

一部の人が意図的に流行らせようとした「ステマ」なのか、事実なのか。

 

 

クリニック選びで、銀クリが気になっている方の参考になれば幸いです。

 

 

銀クリの「安さ」の陰に隠れた想い

 

 

銀クリで少し調べた経験のある方なら、すぐおわかりだと思いますが「価格が安い」。

 

 

薄毛治療はどうしても出費の面が気になるところですが、業界の中でもかなり安い分類に入ります。

 

 

おそらく最安値に近いと言っても良いと思います。

 

 

他店舗展開しない中で、大手クリニック以上に値段を出せるところはココしかありません。

 

 

銀座の1店舗のみで、創業から今までやっているというところですから。

 

 

いかに1店舗での集客力が凄いか、ということ。もともと育毛業界の価格設定は不透明という部分はありますが・・

 

 

当然、治療を安く受けられるという評判が、人気に火を付けている面はあります。

 

 

どれくらい安いのか

 

 

AGAの治療は大きく分けて2種類あります。「投薬治療」と「メソセラピー」です。

 

 

一般的には投薬治療を行います。症状が重い人、早く結果を出したい人はメソセラピーです。

 

 

「銀クリ」は、どちらも業界としては破格の安さ。

 

 

投薬治療はプロペシアとミノキシジル+αというのが一般的な治療法です。

 

 

通常のクリニックが月3万が相場ですが、銀クリは18900円。月1万の差があるのですね。

 

 

通院期間は最低半年、平均すると1年くらい。1年だとすると12万もの値段差があり大きいです。

 

 

また、頭皮に育毛成分や成長因子などを直接入れる「メソセラピー」も破格の安さ。

 

 

通常は7万程度(1回)しますが、銀クリは18,000円なのです。

 

 

安いけれど、悪い評判がない

 

 

銀クリは「安い」だけじゃないというのが、最も重要なポイントです。

 

 

安くて回転率で利益を出せばいい、という経営者の方針であれば、対応が雑だったり効果がなかったり。

 

 

悪評が出回りがちなのですが、銀クリはそういう評判がほとんどないのです。

 

 

「安くする=売上げを伸ばす」という考えよりも、「安くする=顧客本位」なのが銀クリなのですね。

 

 

だから東京以外から、毎月交通費をかけて通院する地方の患者もたくさんいます。

 

 

顧客本位かどうかは、対応力で判断できる

 

 

「お客様のために」どこの経営者も、従業員やお客さんの前ではそういいます。

 

 

言葉は悪いですが、口ではなんとでも言えます。上辺だけで利益が第一、と考えている企業はどこかでそれが出てきます。

 

 

もちろん、慈善事業ではないですし、社員を食べさせていく使命が経営者にはあります。ただ実際には、自分の懐が潤えば良いと考える人が多いのも事実です。

 

 

銀クリが顧客本位であるのは、料金以外の細かい部分の対応でわかります。

 

 

○ローン払いをさせない

 

⇒通常クリニックは、半年もしくは1年単位での料金の前払いになります。その際に医療ローンを組ませて「囲い込み」をするところが多いです。

 

⇒一見良さそうに思えるかもしれませんが、患者の支払い能力を考えずに、売上げ確保のために組ませているのが現状。

 

⇒銀クリは、ローン払いをさせるような負担をかけずに、支払えるように低料金・ローン不可にしています。

 

 

○強引な勧誘がない

 

⇒実際にカウンセリングを受ければおわかりになると思いますが、無理に勧められることはありません。

 

⇒クリニックに言ったら最後、不安を煽るようなことばかり言って無理に契約させるクリニックの方が多いです。

 

 

○一方的でない

 

⇒カウンセリング段階で、治療方針などの説明があります。銀クリはかなり人気のところなのですが、「機械的で次々こなす」という対応をしません。

 

⇒しっかり対話し、疑問点を聞いてくれる。「納得しない場合は治療を受けないで欲しい」旨の説明があります。

 

⇒「そんなの当たり前じゃないか」と思うかもしれません。現実は「当たり前」でないクリニックの方が多いのも事実。

 

 

口では何とでもいえます。実際の対応で顧客本位が「ウソでない」ことが証明されるのです。

 

 

院長の思い

 

 

このクリニックの院長さんは、正木健太郎という方です。

 

 

たびたび雑誌などの取材にも応じているようですが、その中で印象に残るコメントがありました。

 

 

初めてクリニックに行く時は、不安や悩み、恐怖感があると思います。
だから、カウンセリングを重視して本当に望んでいることを聞いてくれるクリニックや、ドクターがいる所を選びます。

 

(中略)

 

いろんな選択肢がある中で、結局何もしないことを選んでもいいんです。

 

「何もしないことを選んでもいい」という一文です。クリニックを運営している方が、そのような言葉を言うのは意外です。

 

 

通常であれば、クリニックで相談することを勧めるでしょう。自院の宣伝も兼ねているわけですから。それをしない。

 

 

院長自らが、患者目線に立って物事を考えられているという証拠ではないでしょうか。

 

 

すでにご紹介した対応があるからこそ、真実味を帯びてくるのです。

 

 

大事なのは「顧客本位で対応している事実があって」はじめて、院長の言葉が本当なんだなって思うと言うこと。

 

 

企業のホームページや雑誌の取材の言葉で、このクリニックは素晴らしいという判断をするのは禁物です。

 

 

「そう思うなら、すでに行動しているはずですよね?」少々手厳しいかもしれませんが。

 

 

それくらいの厳しさを持って消費者が「選ぶ」時代に入っているのではないでしょうか。

 

 

デメリットは、すぐに治療が受けられない

 

 

銀クリは良いところもありますが、当然悪いところもあります。

 

 

1店舗しかないため、地方の人にとっては通うのが大変。それでも通っている人は多いですが。

 

 

すぐにカウンセリングや治療を受けたくても、気軽にいけないというデメリットがあります。

 

 

カウンセリングも治療も予約制なのですが、とにかく人気なので今週予約してすぐ予約を抑えることができないのです。

 

 

当然時期にもよりますが、3週間〜1ヶ月くらい待つこともしばしば。

 

 

実際に治療がはじまると、1ヶ月ごとの通院にはなるので、そこまで不自由しないとは思いますが。

 

 

顧客本位を追求していますが、すぐに通えるという所には限界があるようです。

 

 

東京にお住まいの方で、AGAのクリニックを探している方は、まずココを抑えておけば間違いないでしょう。

-PR-