MENU

ヘアメディカルは最も良心的なクリニック|薄毛の治療

数多くあるAGAのクリニックの中でも、知名度が高い「ヘアメディカル」。

 

 

CMもやってますし、大手のクリニックです。でも本当に大丈夫なのでしょうか?

 

 

他のクリニックと比較・調査を行った結果「間違いのないクリニック」だと言えます。

 

 

どうして間違いないと言えるのか、具体的な「良い点」について紹介したいと思います。

 

 

ヘアメディカルの評判はどうなのか

 

 

大手だから、知名度がある=良いクリニック とは限りません。

 

 

どういう経営方針なのか、患者に対する考え方はどうなのか。実際に治療を受けた人の声は。

 

 

薄毛というコンプレックスを扱う所のため、あまり情報が出てきにくい面があります。

 

 

ただ、かぎられた情報の中調べていくと「評判はとても良い分類」に入るクリニックと言えます。

 

 

全てをオープンにして、ウソがない

 

 

ヘアメディカルは、患者のことを考えた数少ないクリニックと言えます。

 

 

料金にせよ、対応にせよ「自らの利益ありきで考えていない」のですね。

 

 

それが患者に評価されています。

 

 

AGAのクリニックは、グレーな部分が多いのも事実。

 

 

 

2年以上の長期ローンを組ませて「囲い込み」してナンボ、という風潮があります。

 

 

クリニックは医療機関ですし、実際に治療にあたるには「お医者さん」。

 

 

 

ただ公的な「病院」とは少し、毛色が違うんですね。エステに近いポジションと言えば良いでしょうか。

 

 

エステと言っても、良いエステもあれば悪徳エステもある。

 

 

ヘアメディカルは「良い」エステと言えます。

 

 

ローンを組ませない

 

 

ヘアメディカルは、患者にローンを組ませません。前払いで先に利益をがっぽり確保しません。

 

 

毎月1回、医師の診察を薬をもらいに通院します。その際に月額の料金を支払うのです。

 

 

毎月払う方が、クリニック側にとって手間ですし、途中で辞められたらお金が入りません。

 

 

「利益主義」のクリニックであれば、間違いなく採用している「後払いローン方式」。

 

 

クリニックの8〜9割がこのタイプです。

 

 

もちろん「後払いローン=悪徳」ではありません。勧誘方法がおかしくなく、患者さんが納得すればそれも良いでしょう。

 

 

ただ少なくとも「月額料金制」の方が、患者のことを考えているのは間違いないところ。

 

 

口では"患者さんのために"と言いながら、それが本当に実践されているのかどうか。

 

 

こうした細かな部分に「自社都合」を押しつけているかどうかで判断できます。

 

 

院長の企業理念も、話半分に聞いておくべきなのです。政治家の演説のように、良いことしか言いませんから。

 

 

「クリニックの運営で、何を実行しているか?」が全て。

 

 

患者にプランを"選ばせる"

 

 

ヘアメディカルは、AGA治療のための料金プランを、患者に選択させます。

 

 

「そんなの、どこでもやっているんじゃないの?」はい、やっています。形だけは。

 

 

〜とあるAGAのクリニック〜、

 

まだ薄毛が進行してない人には、安いAプラン。

 

本格的に脱毛している人には Bプラン。

 

と料金を見せます。

 

 

 

患者さんがAプランを選ぼうとすると、「あなたの頭皮状態なら危ない。Bプランにしなければダメだ」。と「Bプランしか認めない」ような提案をされます。

 

 

そこで高額なローンを組ませて、クロージング・・

 

 

「形だけ」選択肢をあたえておいて、あの手この手で危機感をあおるなどして、最も高いプランで契約。

 

 

全ての業者がそうとは言いません。ですがこういう業者に当たる可能性もあるのです。闇雲に選んでいては。

 

 

ヘアメディカルはMAX2つのプランがある

 

 

ヘアメディカルは「抜け毛ケア」と「発毛」の2つのプランがあります。

 

 

あくまで患者さんの今の頭皮状態ではなく、希望を尊重します。どちらのプランにしたいのか。

 

 

前者であれば月1。5〜2万程度、後者であれば月3万前後になります。

 

 

値段は安いとは言えません。ただ、無理に高いプランを勧めることはありませんので・・

 

 

すべてが万能ではない

 

 

ここまで書くと、あたかもヘアメディカルが良いところばかりのようなイメージを持つかもしれません。

 

 

そうではありません。欠点もあります。

 

 

「患者本位」なのですが、料金は安いとは言えません。

 

 

AGA業界の一般的な相場と同じか、若干高いといえます。支払い方法や選択権といった「顧客満足」の度合いが高いということ。

 

 

安さだけ重視、という方にはヘアメディカルは向いていないと言えます。

 

 

意外と知られていない、スケールメリット

 

 

このページの序盤で「大手クリニック=良いクリニック」ではないと申し上げました。

 

 

たしかに大手でも、悪質なクリニックはあります。ですが・・

 

 

「大手クリニック=AGAの治療技術が高い」ということも言えます。

 

 

それはなぜでしょうか?

 

 

大手だから良い待遇でドクターを確保できるからでしょうか。たしかに無いとは言えません。

 

 

実際は、医師の技量よりも「豊富な治療データ」が、AGA治療には武器になるのです。

 

 

AGA治療は、人によって最適解が違う

 

 

どこのクリニックでも基本となる治療は、「プロペシア+ミノキシジル」の2大成分の投与です。

 

 

プラスアルファとして、亜鉛などの髪に栄養を与えるサプリなどを処方します。

 

 

薬を処方するだけなら、それこそ皮膚科でも良いと思いませんか。

 

 

あえてクリニックで高いお金を出す理由を、ご存じでしょうか。

 

 

「薬は、患者さんの頭皮状態によってカスタマイズすることが必要」だからです。

 

 

頭皮状態やその患者さんの体質により「今どの薬をどのくらいの量投与すべきか」が変わります。

 

 

プロペシアを個人輸入している人で、全然効かないという話が多いというのを聞いたことないでしょうか。

 

 

「たまたま」その人の状態と薬がマッチすれば効きますが、そうでなければ効かないことの方が多いということ。

 

 

過去の治療データが効いてくる

 

 

ここで「過去の治療データ」が生きてくるのです。

 

 

患者さんと同じような頭皮状態、体質の患者さんにどういった治療をしたのか。

 

 

過去のパターンに合う物が見つかれば、それと同じ処方をすれば結果を残しやすくなります。

 

 

ヘアメディカルは大手という強みが、ここで発揮されるのです。

 

 

過去の治療データを役立てている証拠として、600パターンもの薬の処方パターンがあります。

 

 

いかに細かく患者さんを分析して、最適な治療を行えるのかがイメージ出来るのではないでしょうか。

 

 

研究治療の結果をフィードバックしている

 

 

ヘアメディカルは、各分野の専門家により結成された研究機関を持っています。

 

 

F.M.L.というのですが、皮膚科・形成外科・精神神経科・基礎医学・薬学などの医師が協同して頭皮の研究を行っているのです。

 

 

そこで得られた結果を、ヘアメディカルの店舗にフィードバックしているので、常に最適な治療方法についても情報があるということ。

 

 

良心的というところで「安心して使える」ヘアメディカル。実はAGAの治療にも、こだわりがあるのですね。

 

 

処方パターンにせよ、AGAの研究にせよ、ここまで取り組んでいるクリニックを他に知りません。

 

 

安さを追求すれば、まだ良いクリニックは正直あります。

 

 

ただ「顧客本位の運営」「AGA治療のレベルが高い」という点と、価格とのバランスをどう判断するかです。