MENU

皮膚科でのプロペシアにかかる費用と治療の実態について

皮膚科でAGAの治療を考えている、という方も多いと思います。

 

 

病院で処方されるものですと安心できますし、費用も高くなさそうですし。

 

 

プロペシアを処方してもらい薄毛の治療を行っていきます。

 

 

実際どのくらいの費用がかかり、どのような治療を行うのでしょうか。

 

 

周りに通っている人がいないと不安になるもの。

 

 

皮膚科での実態について、紹介したいと思います。

 

 

月にどのくらいお金がかかる?

 

 

プロペシアは厚生労働省が認可した医薬品です。

 

 

副作用が極めて少なく、脱毛を阻止する働きが期待できます。

 

 

すでに国内では数十万人が服用していると言われており、AGA治療のための定番とも言えそうです。

 

 

日本皮膚科学会にてAGA治療のガイドラインを定めていますが、有効な根拠がある薬としてAランクを獲得している薬です。

 

 

よくわからない発毛・育毛成分を配合したシャンプーを使うよりも、しっかり根拠のあるものを使うのが望ましいと言えます。

 

 

皮膚科で処方してもらうとなると、初診料がまずかかります。

 

 

問診は簡単なもので、頭皮状態をさらっと聞かれてすぐ処方されるだけです。

 

 

後はプロペシアを調剤薬局でもらうという流れです。

 

 

初診料は病院により異なりますが、2000円〜3000円が相場です。

 

 

プロペシア代は月に8000円〜13,000円と幅があります。

 

 

保険がきかない自由診療ですので、病院側で価格を設定することができるのです。

 

 

病院よって「1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月」のいずれかで薬を出してもらえます。

 

 

ただ皮膚科によっては、半年という長いスパンでの処方は認めてくれない場合も。

 

 

当然長い期間で出してもらう方が割安になります。

 

 

毎回薬をもらうには、診察を受けなければなりません。この点が面倒かと思います。再診料は基本的にかからず、必要な薬代のみかかります。

 

 

年間にすると8,000円だとして96,000+初診料2,000円と、最低でも10万近くはかかりますので、そこそこの出費と言えるでしょう。

 

 

下手な育毛剤でも1万円は超えますので、それに比べるとプロペシアの方が間違いはありません。

 

 

皮膚科での過度な期待は禁物

 

 

毎月1万の負担をすれば、髪の悩みが解消するのだろうか?そんな期待を持つ方も多いです。ですが敢えて言います。

 

 

「皮膚科での治療は待った方が良いです」。

 

 

病院だからベストな治療法だと考えない方が良いのです。

 

 

「現状維持で十分」と考える方は、プロペシアのみで良いと思います。

 

 

もともとプロペシアに含まれるフィナステリドは、DHTと呼ばれる男性ホルモンが働くのを阻止する働きがあります。

 

 

この場合は「脱毛を防ぐ」ことが目的であって、髪が生える・太くなることを目的としていません。

 

 

プロペシアで髪が生えたという人をたまに聞きますが「生えたように見える」だけです。

 

 

脱毛が止まり、新しくはえてきた「うぶ毛」によって増えたように見えるのです。

 

 

ですがしっかり強くて太い髪を生やすには、これだけでは不充分なのです。

 

 

頭皮環境を整えて、頭皮に栄養分を送りこまなければなりません。

 

 

プロペシアで、悪化することは防げても「元の状態」に戻すのは難しいのです。

 

 

プロペシア単体ではAGA治療はできますが、万全ではないのです。あくまで「パズルの1ピース」になります。

 

 

ではなぜ、皮膚科でプロペシアのみの治療になるのでしょうか?

 

 

皮膚科ではAGA治療に本腰を入れていない

 

 

皮膚科側からしてみれば「いろいろな症状の中の一つ」に過ぎません。薄毛を中心に考えていないと言うことです。

 

 

皮膚科はそもそも、皮膚に関する疾患を治療するためにあります。

 

 

湿疹や肌荒れ・アトピーやニキビなどに対して治療を施し回復させるための場所です。

 

 

一言でいうと「病気を治す」ための場所が皮膚科です。

 

 

皮膚科の主な目的は「病気を治す」ことですが、もう一つの側面があります。

 

 

それは「肌をキレイにする・美しくなる」という美容に関する治療も行うことがあります。

 

 

美容皮膚科として独立しているところもあれば、皮膚科の中の一診察項目として構えているところもあるのです。

 

 

AGA治療は「美容」としての扱いになります。薄毛は病気ではなく、美しくなるためのものという位置づけです。

 

 

美容の中の1つとして「AGA治療」があります。皮膚科でAGAを取り扱っている場合、ほとんどが美容の中の1つとしての位置づけになります。

 

 

薄毛について専門的に研究治療しているわけではありません。

 

 

患者さんの利便性のために、プロペシアという薬を「仲介」するだけの場所になっているのが現状です。

 

 

実際に医師の診察を受けましたが、通り一辺倒で深いことを聞いてもはぐらかされます。頭皮をろくに見もしません。そういうもの。

 

 

髪を元気にしたい・発毛したいのであれば「AGAを処方するだけの皮膚科」で治療を受けるべきではないのです。治療というのもおこがましいレベルです。

 

 

AGAには皮膚科よりもクリニック

 

 

では、どこで治療を受ければ良いのでしょうか。

 

 

「皮膚科の中で、美容に力を入れているところではダメ?」と思うかもしれません。

 

 

間違いではありません、実際に脱毛やイボホクロなどの治療も皮膚科で行っていますから。

 

 

AGAという分野に関しては、皮膚科の中で専門的な治療を行う部門は併設されていません。

 

 

AGAの専門として、独立したクリニックで治療を受けることになります。

 

 

クリニックとは病床数の少ない病院のことを指しますが、どちらかというとエステやサロンに近いものです。

 

 

AGAクリニックは、大小含めて様々な店舗があります。

 

 

CMを流しているところも数社あり、AGAをクリニックで治療すると言う流れが主流になりつつあります。

 

 

何か高額なものを買わされたりしないか、という不安があるかもしれません。

 

 

育毛サロンであればその可能性もありますが、クリニックは医療機関ですので強引な勧誘はありません。

 

 

気軽に無料カウンセリングで話を聞きに行くことができます。

 

 

そこで費用も算出してくれるので、厳しいと思ったら辞めることができます。

 

 

強い引き留めにあうこともありません。受けたい人は受けて下さいというスタンスです。

 

 

立場としてはレーシックに近いかもしれません。「治療する気があるのなら、治療ができますよ」という空気です。

 

 

皮膚科を検討している方は、クリニックを選択肢に入れることで後悔のない選択ができるはずです。

 

 

 

 


「育毛剤なんて、どうせ効かないし・・」

 

 

薄毛の進行をこれ以上進めたくない。でもAGAクリニックに行くと、何十万もかかってしまう・・

 

 

本当は自宅で手軽にケアしたいけど、育毛剤ってぶっちゃけ効くかどうかわかんないじゃないですか。

 

 

でも、どうしてあれだけ育毛剤がたくさん売られているのか疑問ですよね?やっぱり「効く人は効く」からなんです。

 

 

で、効く人と効かない人の差がなにかというと「頭皮環境が良いかどうか」なんですね。

 

 

つまり、頭皮が普段から"荒れていると"、育毛剤の成分がちゃんと浸透しないんですね。

 

 

フケやかゆみ、湿疹などが出たりすることありませんか?それって頭皮が普段から荒れている状態なんです。

 

 

そこを改善しないと、炎症を起こした皮膚から毛髪に栄養がいかないんですよ。だからシャンプーってすごく大事。

 

 

特に市販シャンプーだと、石油系界面活性剤など人工的な成分がたっぷり入っているから、荒れるワケ。

 

 

だから、荒れた頭皮を落ち着けるシャンプーに切り替えてみるのも一つ。

 

 

有名どころに「チャップアップシャンプー」というのがあります。育毛剤で超有名なチャップアップから、シャンプーが出てるんです。

 

 

頭皮環境を整えるエキスが入っていて、シャンプー自体の刺激もない。まさに土台を作ってくれるシャンプーなんですね。

 

 

ぶっちゃけ値段は高いです。シャンプーでこんなにするの?って。ただ、育毛剤を使っても頭皮が荒れてたら意味ないですからねー。

 

 

今の状態を食い止めるなら、ケアの仕方を工夫しつつある程度の出費は覚悟しないとダメかもしれません。中途半端にケアしても良くならないのが薄毛ですから。

 

 

チャップアップシャンプー

 


 

 

-PR-