MENU

発毛が期待できる病院選び|薬と頭皮注入の2つがポイント!

薄毛はAGAであることは、多くの方が知っているかと思います。

 

 

CMでもやっていますしね。ですが気になるのは「本当に髪が生えてくるの?」というところ。

 

 

昔から「ハゲは治らない」「かつらをかぶるしか、方法がない」と言われています。

 

 

少なくともひと昔の前の方は、薄毛が治療できるということは半信半疑です。

 

 

ですが時代は変わって、AGAは治療できることが明らかになりました。

 

 

治療できるとは、現状維持を指すのでしょうか。それとも「発毛」を指すのでしょうか。

 

 

現状維持のためなら、すでに地肌が見えるくらい進行してたらアウトになります。

 

 

「髪は治療したら生えるのか?」という核心に迫ってみたいと思います。

 

 

AGAで発毛はできる?

 

 

結論から言いますと「可能です」。適切な治療をすれば「失った髪は生えてきます」。

 

 

希望をもっていただいて大丈夫です。時代は進化しているのです。

 

 

発毛は可能ですが、短期間で魔法のように髪が生えることはありません。

 

 

当然ながら一定の期間が必要です。早い人で半年、状態によっては1年かかることもあります。

 

 

AGA治療というと「プロペシア」という薬が一般的です。

 

 

名前は聞いたことがあるかと思います。DHTと呼ばれる男性ホルモンの生成を止める薬です。

 

 

DHTが抑えられれば、脱毛を防ぐことができます。

 

 

ただプロペシア=発毛ではありません。直接髪を生やす効果は期待できません。

 

 

あくまで現状維持と予防、この2つの目的にかなうものです。

 

 

一般的な病院、わたしたちが普段体の調子が悪い、ケガをしたなどで通う所でもAGA治療を行います。

 

 

皮膚科や内科がほとんどですが、これらの病院では「プロペシア」の処方のみです。

 

 

テレビコマーシャルで行っているAGAの治療も、この病院のことを指します。

 

 

プロペシアを処方することが可能なところというだけです。医師が直接治療や指導をするわけではありません。

 

 

プロペシアでは残念ながら、髪を「生やす」ことはできません。

 

 

たまに生えたように見える人もいますが、ヘアサイクルが正常化して抜け毛が減っただけのこと。

 

 

病院ではなく、専門のAGAクリニックでの治療が「発毛」には大事なのです。

 

 

AGAクリニックでの発毛処置

 

 

AGAクリニック。名前だけではイメージがわきにくいかもしれません。

 

 

病院と同じく、医療行為ができる場所になります。薬を処方したり、専用の治療が可能な場所です。

 

 

クリニックの大半は治療を強制することはありません。あくまでケアを希望する人に対し必要な処置をします。

 

 

中には無理に高額な契約を結ばせようとするところもあります。ごく一部ですが、そうしたクリニックのおかげで業界のイメージが悪いのも事実です。

 

 

安心して相談できるクリニックは、あらかじめわかっていますのでご安心下さい。

 

 

具体的な所を紹介する前に、実際どのような発毛治療があるかを紹介します。

 

 

クリニックでの発毛治療は「薬」と「メソセラピー」の二本立てです。

 

 

中心となるのは「内服薬」ですが、症状に応じて「メソセラピー」を併用させるという位置づけになります。

 

 

内服薬・外用薬での発毛治療

 

 

内服・外用薬は3つの種類を処方します。

 

 

AGAの進行によって、1種類だけの場合もありますし、3種類の場合もあります。

 

 

頭皮状態によって異なり、当然治療費も個人差があるのです。

 

 

目的別に言いますと「脱毛を防ぎ⇒頭皮環境を整えて⇒髪に栄養を与えて生やす」です。

 

 

それぞれに最適な薬を服用することになります。

 

 

・脱毛を防ぐのにはおなじみ「プロペシア」。皮膚科や内科ではコレの処方のみです。フィナステリドと呼ばれる成分が、AGAの進行を阻止します。

 

 

・頭皮環境を整える「ミノキシジル」。主に頭皮に塗るタイプのもので、頭皮の血行を促進します。

 

 

・髪に栄養を与えて生やすのは、クリニックごとに成分が違います。すでに紹介した2つの成分は、AGA治療に共通のものですが。主に亜鉛など、髪の栄養になる成分がブレンドされています。

 

 

どの薬をどれだけ服用するかは、お医者さんでの判断になります。

 

 

地肌が完全に見えるなど、AGAが深刻でなければ薬のみの治療で終わります。

 

 

メソセラピー

 

 

AGAの症状が進んでいる方、もっと短期間で発毛したい方はこの手法を取り入れます。

 

 

メソセラピーとは直接頭皮に髪の栄養分 もしくは 細胞の成長を促す成分 を入れるのです。

 

 

注射タイプのものから、レーザー・超音波などクリニックにより施術方法は異なります。

 

 

痛みが気になるところですが、最近では針を使わない「ノンニードル」療法が主流です。

 

 

ネックなのは費用が高いこと。最安値のクリニックでも一回で最低2万〜となっています。

 

 

何回実施するかは頭皮の状況によって変わってきます。

 

 

このように、体の内側と外側から働きかけることで、確実に発毛へと導くのがクリニックでの治療法です。

 

 

発毛サロンのように、頭皮の血行をよくするだけのマッサージとはワケが違います。医学的根拠のある治療法を行っているのですから。

 

 

カウンセリングで自分の状態を知ろう

 

 

病院ではなくクリニックでの治療ですと、発毛が期待できAGAが改善します。

 

 

気になるのは費用だと思いますが、その方の頭皮状態によって異なりますのでハッキリとはわかりません。

 

 

AGAクリニックにはどの医院も、「無料カウンセリング」を行ってくれます。

 

 

頭皮状態を診断し、どのような治療をどの位行うのかの説明を受けます。

 

 

費用が正確にいくらになるのかが判明します。

 

 

もちろんその場で契約する必要はありませんし、(一部の悪徳クリニック以外は)強引な勧誘もありません。

 

 

できれば無料カウンセリングは、2、3社受けておきたいところです。

 

 

理由は、複数のところで比較しないと値段が妥当かどうか、判断ができないから。

 

 

また、自身の頭皮状態がどうなっているのかも複数のカウンセリングで把握した方が、正確なのはいうまでもありません。

 

 

実際にいくつかのクリニックをまとめて1日でいき、後でじっくり検討される方もたくさんいます。

 

 

後悔したくないのなら、はじめは手間をかけても情報をしっかり掴むのが良いでしょう。

-PR-