MENU

ミノキシジルだけでは薄毛の治療に効果がないのは当然

薄毛対策として、プロペシアにならび定番の「ミノキシジル」。

 

 

ところが飲んでいても一向に毛がはえてこない・・という方も多いと思います。

 

 

・もっと強い濃度のものにした方がよい?

 

・塗る(飲む)ものから、飲む(塗る)ものに切り替えるべき?

 

・そもそもミノキだけではダメなの?

 

いろいろち気になる点ところがあると思います。

 

 

ミノキシジルを使ってなんとか薄毛を克服したい方はご覧ください。

 

 

-PR-

 

 

服用方法に問題があるの?

 

 

ミノキシジルの濃度の問題なのか。それとも飲み薬にしたほうが良いのでしょうか。

 

 

一度思うような効果がでないと、いろいろと変えてみたくなるもの。

 

 

果たして、服用を変えてみることが良いのでしょうか?答えは「NO」です。

 

 

病院でミノキシジルを処方してもらっているならば、まだ良いと思います。医師に従ったほうが良いですから。

 

 

このページをご覧になった方の多くは、個人輸入代行でタブレットを手に入れているか、リアップを使っていることでしょう。

 

 

下手に濃度を濃くすると、その分副作用が強くなるというリスクがあります。

 

 

ミノキシジルの日本での濃度は1%ですが、アメリカ製のロゲインなどを入手すれば5%のものまで手に入ります。

 

 

頭皮に刺激になるのはもちろんのこと、人体に思わぬ副作用が起こる可能性があるので、やめたほうがいいです。

 

 

もともと頭皮の血管を広げて、頭皮の血流を広げて発毛を促すものです。

 

 

この濃度が強いと、頭がかぶれてしまったり、めまいや動悸を起こす可能性もあると言われています。

 

 

そもそもの問題として、濃度を濃くすること自体が「正しいのかわからない」という点です。

 

 

たしかにミノキシジルは、フィナステリド(プロペシア)と並んでAGAに効果がある医薬品です。

 

 

使えばだれでも毛が生えるものだ、と勘違いさせている部分もあるのですね。

 

 

可能性としては、たとえば今までミノキシジルの育毛剤を使っていた。

 

 

薬用成分は頭皮ではなく毛穴からしか浸透しませんから、脂汚れなどで毛穴が詰まっていたら入らない、ということはありますが・・

 

 

そもそも「今の頭皮状態にミノキシジルが合っていない」可能性が高いわけです。

 

 

土台が整っていないと髪は生えない

 

 

弱っている毛根の血行を良くすれば、頭皮に流れてきた栄養分を吸収して髪が育つ。確かに理屈の上ではそうなのですが・・

 

 

髪の毛が生えるのは「毛母細胞」です。薄毛になるのはここの活動が弱っているのが大きな原因なのですね。

 

 

人間にはヘアサイクルがあります。髪が伸びる成長期もあれば、髪が抜けていく脱毛期もあるのです。

 

 

AGAで毛母細胞が脱毛期になっていたら、いくら頭皮環境を良くしても意味がありません。

 

 

枯れてしまった木に、いくら栄養分を送り込んでも意味がないのと一緒になります。

 

 

ミノキシジルをいくら使っても、毛が生えてこないというのはここに原因があるのですね。

 

 

プロペシアの服用も必須

 

 

「またお金がかかるの?」と思うかもしれませんが、AGAの方はまずプロペシアが必要です。

 

 

プロペシアでヘアサイクルを正常に戻してあげる。つまり「いつでも髪が生えますよ」という状態に持ってくる。

 

 

そのうえで、フィナステリドを頭皮に送り込む。髪に栄養分がいきわたるように、しっかり血行促進する。

 

 

プロペシア→フィナステリドの流れがスタンダードといえます。

 

 

薄毛対策にできるだけお金をかけたくない、という気持ちはわかるのですが。こればかりは仕方のないことです。

 

 

それでも万全ではない理由

 

 

なかにはすでに、プロペシアとミノキシジルの両方を服用している人も、いるかもしれません。

 

 

「両方飲んでいるのにさっぱり・・」

 

 

この場合の原因は何でしょうか。実は、プロペシアとミノキシジルでもただ服用するだけでは難しいことが多いんですね。

 

 

その人の頭皮状態や体質によって、最適な薬の量や投与するタイミングというのがあるのです。

 

 

普段わたしたちが飲む(使う)医薬品は、誰でも一律ですよね。ものによって濃度が違うのはおかしいですから。

 

 

一般的に望ましいと言われる量を、頭皮に投与するわけなのですが人によってはフィットしない場合もあるようです。

 

 

薬の処方だけなら皮膚科でもできますけど、薄毛の専門医というのは一般的な病院にはいません。

 

 

AGAのクリニックで適切な処置をうける意味が、ここにあるのです。

 

 

クリニックではその人の頭皮状態や体質を見極めます。

 

 

その上で、その人に合ったオリジナルの薬を処方していくのです。

 

 

オリジナルといっても、まったく一からの成分ではありません。フィナステリドとミノキシジルをベースにしたものです。

 

 

これらの薬の配合量を調節しつつ、プラスアルファで髪の栄養になるサプリなども加えたオリジナル処方。

 

 

長年の経験に裏打ちされて、生えてくるために必要な頭皮環境を作り出す「エッセンス」がそこにはあるわけですね。

 

 

ミノキシジルだから効かない、というわけでもありません。

 

 

プロペシア単独でも同じようなことが起こっています。普通に飲んでも効く可能性があるが、効かないケースもあるのが髪なんですね。

 

 

一か八かで試してみるというのではなく、遠回りなようで実は近道なのがAGAクリニックでの治療です。

 

 

高い・怪しいというイメージをもたれがちなのですが、実態を知れば強い味方になってくれるはずです。

 

 

自己流のケアでいろいろ情報収集するのもいいですが、やはり頑張ってもそこは素人。

 

 

発毛のプロの意見に素直に耳を傾けていくことが必要です。

 

 

薬代は高くなりますが、効かないままミノキシジルを飲み続けるよりも、長い目でみるとはるかにお得になるはずです。

 

 

無料カウンセリングがありますので、治療と費用についての詳しいことを気軽に相談できる環境もあります。

 

 

髪、そろそろやばくなってきた。育毛剤を使うべき?

 

 

まだ本格的に薄毛にはなってないけど、鏡越しに見る自分の頭頂部がさみしく感じませんか。

 

 

「ケアしたいけど、何から手を付ければいいんだろう」

 

「鏡を見るのが怖くて、何も手がつけられない」

 

 

髪は手遅れになる前に、十分すぎるくらい準備をしておいて損はありません。頭が薄くなってしまうと、人生が終わったも同然になるくらいショックなことだから。

 

 

私は30代ですが、20代の頃からケアをしっかりしてきたので髪はキープできてます。いろいろ試行錯誤した結果、わかったことがあります。

 

 

大事なのは、"育毛剤とシャンプーをセットで考える"ことです。

 

 

育毛剤だけ使えばいい?そんなことはありません。シャンプーで頭皮環境を整えないと、どんなに良い育毛剤を使っても意味ないですからね。

 

 

ケアは早くはじめるのも大事ですけど、方向性も間違えないように気をつけた方がいいですよ。