MENU

薄毛にプロペシア単体での治療は効果ないってホント?

薄毛のケアに「プロペシア」を飲もうかどうか迷っている。

 

 

ただ調べてみればみるほど、「効果ない」という口コミを目にする。

 

 

さらには「よからぬ噂」も聞いたりして、ますます飲んでいいか不安になってしまう。

 

 

でも薄毛対策はこれくらいしかないし・・と揺れ動く気持ちの中で、どう決断していけば良いのでしょうか。

 

 

AGAを治すには「プロペシア」が良い、でも効くのかどうかわからないし危ないイメージもある。

 

 

はたしてプロペシアを飲むべきか、辞めるべきか。判断に困ったあなたのために、プロペシアのイロハについて紹介したいと思います。

 

 

効果がないのは、間違った期待をしているから

 

 

「プロペシアを飲んでしばらくたつけど、全然毛が生えてこない・・」

 

 

突然ですが、ここで逆に質問です。この回答には大きな「勘違い」があります。果たしてどこでしょうか?

 

 

"毛が生えてこない"という点です。「えっ?プロペシアってAGAに効く薬でしょ?」という反論があると思います。

 

 

たしかにAGAに直接効く薬で、厚生労働省が認可している唯一の「内服薬」。

 

 

たしかに効きますが、あくまで「脱毛を抑えるためのもの」なんです。

 

 

プロペシアを飲んだからといって勝手に「毛が増える・生える」と期待する人がいます。

 

 

目的が違います。「抜け毛を減らす」という"現状維持"が目的なのです。

 

 

AGAは男性ホルモンと酵素が合体して、ヘアサイクルを乱します。プロペシアは男性ホルモンと酵素がくっつかないように邪魔をして、脱毛を防ぐのです。

 

 

AGAと発毛をごっちゃにしていて、「プロペシアを飲んでも効果ない」というのはお門違いです。

 

 

今の髪の毛をずっと同じ状態で保つことができれば「プロペシア」が効いているということ。

 

 

実際に生えているという話も聞くけど?

 

 

「たしかに効かないという人もいるけど、実際に生えたっていう話も聞く」こともあります。

 

 

正確には生えたのではなく、「生えたように見える」だけなのです。

 

 

プロペシアによって脱毛の進行が食い止められると、抜け落ちるはずの髪がそのまま維持されます。

 

 

人間の髪は、AGAが来ても産毛程度は生えますから、細くて弱い毛が頭に残り増えたように見えます。

 

 

直接「髪が増えた」のではなく、増えたように見えるだけ。太く硬い髪を育てたければ、「発毛」ケアをしなければならないのです。

 

 

発毛はどうやって行う?

 

 

髪の毛を成長させるには「頭皮の@血行を促進してA栄養を与えること」が必要です。髪の毛を『畑の作物』と考えるとわかりやすいと思います。

 

 

土の中にある種を育てるには、たっぷり水(血行促進)と肥料(栄養分)を与えなければなりません。

 

 

じゃあ頭皮のマッサージをして、亜鉛など髪の毛のタンパク質を作る物を摂取すれば良い。そう考える方もいるかもしれません。

 

 

たしかにそれも大事なのですが、AGAだとそもそも「髪が生えてこない」という問題があるのです。

 

 

いくら「髪が生えるように頑張っても」、AGAで髪そのものが生えてこないという問題。それをクリアするには「プロペシア」が役に立つというわけです。

 

 

髪を生やすには、

 

プロペシアで髪が抜けないようにする⇒頭皮の血行をよくする⇒頭皮に栄養を与える

 

この3ステップが必要になってくるのです。

 

 

連動したケアが最も効果的

 

 

バラバラにケアするのも一つですが、しっかりと結果を残したいのであれば「専門医」に診てもらうことが必要です。

 

 

皮膚科医などAGAの薬を出すだけのところではなく、薄毛治療を専門に行っているクリニックが良いのです。

 

 

育毛サロではありませんよ。ただ頭皮をマッサージするだけのところは、高額なヘアケアセットを売りつけられて終わり、というパターンが多いです。

 

 

もちろん全てがそうではありませんが、人の弱みにつけこんでお金を取れるだけとってやろうと考える人がいますので注意を。

 

 

「AGA治療を行うクリニック」で診察を受けるのが良いです。医療機関ですので、お医者さんが常駐しています。

 

 

プロペシアをはじめとして、いくつかの内服薬(場合によっては塗り薬)を処方してもらえます。

 

 

プロペシアで髪が抜けないようにする⇒頭皮の血行をよくする⇒頭皮に栄養を与える

 

 

この3つのケアに対して、すべてのケアができるのがクリニックなのです。

 

 

安く済ませるために、自宅ケアでプロペシアなどを入手しようとする人がいますが、それは良くありません。

 

 

薬はどんな状態でも必ず効くとは限らないからです。

 

 

その人の頭皮状態によって、プロペシアを積極的に使うべきなのか。

 

 

頭皮の血行促進の薬を多めにした方が良いのか。

 

 

といった細かな対処法があります。だれでも同じ治療で治ったら、クリニックが存在する意味なんてありませんから。

 

 

「どのタイミングで、どれだけの量を使えば良いのか」。これを満たすことで、薄毛予防も発毛もベストな状態で行うことができるのです。

 

 

クリニックでの治療はそれなりに費用がかかります。

 

 

といっても、薬代だけですけれど。

 

 

下手に自分でプロペシアを個人的に仕入れて、育毛剤などを使っても効果が出る保証はありません。

 

 

AGA治療は、頭皮状態が良くなれば薬の量を減らすことができます。

 

 

ですので一時的に出費は高くなることがありますが、最終的には落ち着いてくるのです。集中的に薄毛治療を受けるという選択肢ができます。

 

 

下手に自己流ケアをするより、プロに任せるべきなのです。結果がすべてなのですから。

 

 

参考〜プロペシアの噂は真に受けない

 

 

プロペシアについて、いろいろな根拠のない噂が出ています。

 

 

「発がん性がある」「あそこが立たなくなる」プロペシアメーカーに対する嫌がらせ何かどうかわかりませんが、根も葉もない噂に惑わされないようにしてください。

 

 

プロペシアはMSD(株)という医薬品メーカーが製造したものです。この会社が出した「添付文書」(使用書)に書かれていることが正確な情報です。

 

 

添付文書には副作用のことや、どれくらいで効果が出るのか、など詳しい情報が載っています。

 

 

基本的にここでの情報以外は、怪しいと思って間違いありません。変な噂に戸惑わないようにしたいものです。

 

 

MSDの添付文書:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

-PR-