MENU

プロペシアを予防で飲むのは意味がある?耐性の問題は?

予防目的でプロペシアを服用することに、意味はあります。

 

 

将来的にハゲる家系だと、どうしても髪の事が気になりますよね。

 

 

絶対に薄毛にはなりたくない、常に先手先手でケアをしていきたいもの。

 

 

AGA治療に効果があるものは「プロペシア」。下手な育毛剤やシャンプーをするよりも根拠がある治療法です。

 

 

「早くに飲んでしまうと、何か問題がある?」

「どの段階から服用するのがベストなの?」

「耐性や副作用が気になる・・」

こうしたプロペシアに関する疑問に、お答えします。

 

 

-PR-

 

 

 

1.どの段階から飲んでも問題ない?

 

プロペシアに含まれるフィナステリドが、AGAの進行を阻止します。

 

 

飲んだ方が良いのは「AGAについて何らかの自覚症状が現れたとき」です。

 

 

・髪にハリコシがなくなった

・抜け毛が多くなってきた

・地肌が透けて見えるようになってきた

 

 

いずれかの症状が出れば、AGAを疑った方が良いです。この段階で服用するのが良いでしょう。

 

 

反対に、自覚症状が何も出てこないうちから飲んでも意味がありません。お金ももったいないですしね。

 

安心して下さい。いきなりハゲあがるようなことはありませんので。AGAは進行が緩やかです。

 

 

2.プロペシアにはどこまでの効果がある?

 

実際にAGAが少しでもはじまれば、プロペシアを服用する意味があります。

 

 

フィナステリドを体内に入れることで、どこまでの効果が期待できるのでしょうか。

 

 

○抜け毛を防ぐ
⇒ヘアサイクルの正常化が目的ですから、髪の成長がストップさせてすぐ抜けないように改善します。

 

○発毛効果
⇒あまり知られていませんが、プロペシアを服用することで、長期的には発毛効果があります。

 

⇒ヘアサイクルが正常化すれば、新しく生える毛もしっかり育つようになるからです。

 

⇒抜け毛予防は早い段階で実感できますが、発毛は2年以上かけて実感するケースが多いです。

 

 

当面は「抜け毛予防」のために、プロペシアを服用することになるでしょう。続けていればいつかは、発毛も期待できます。

 

 

早く飲んで、耐性はつかないの?

 

「プロペシアが効かなくなる」という話を、耳にした方も多いのではないでしょうか。

 

 

あまりに早く飲んでしまうと、耐性がつくから本当にやばくなってから・・という噂も。正しくはありません。

 

 

耐性の本当の意味

 

耐性について違う解釈をしている人が多いです。

 

 

人間が抵抗力を持つ、薬になれるという意味ではないのです。あくまで耐性は「ウイルスや細菌」が持つ物。

 

 

「細菌やウイルスが薬に対して抵抗力を持つようになり,薬が効かなくなる」ということなのですね。

 

 

フィナステリドの成分は、男性ホルモンDHTの抑制です。細菌やウイルスなど、外部の異物を抑えるものではありません。

 

 

プロペシアを服用しても、薬が効かなくなるということ自体おかしいのです。

 

 

段々効果が実感出来なくなった人もいる?

 

理屈の上ではそうでも、実際に2年ほど服用している人は「効果がなくなった」と感じる人もいるようです。

 

 

目に見える変化がないと、効き目がなくなったと勘違いされる方もいます。

 

 

効果がなくなったというよりも「頭皮環境が正常化した」ということ

 

 

髪の成長期は2〜5年です。早い人では2年ほどで、新しく生える髪も正常化してきます。

 

 

抜け毛が減った、地肌の透け具合がなくなった。もしかすると「もっと髪が欲しい」と思っているのかもしれません。

 

 

もともとの髪質がありますので、本来の状態以上にフサフサにすることは難しいのです。

 

 

また「服用を続けても薄毛が再び進行しだした」という方も(マレですが)います。

 

 

加齢によりDHTホルモンの分泌が過剰になっている可能性があります。レアケースですが、服用してもらっている病院に相談することが第一です。

 

 

場合によっては、ミノキシジルで頭皮の血行を促進するなど、次の手を打つ必要があるかもしれません。

 

 

いずれにしても、早い段階から服用している人が、そこまで極端に進行することはあり得ません。

 

 

プロペシアに副作用はないの?

 

プロペシアは医薬品ですから、当然副作用はあります。

 

 

フィナステリドは体に蓄積するものではありませんので、長期服用することによる副作用は考えなくて大丈夫です。

 

 

ただし、一般的な副作用はあります。

 

 

考えられる副作用

 

・性欲減少・勃起機能不全・射精障害・精液量減少の可能性があります。ただし一時的なもので、いずれ回復します。

 

・皮膚の過敏症(かゆみ・皮膚が赤くなる・じんましんのような腫れ)

 

・肝臓数値の一時的な上昇

 

・乳房圧痛・乳房肥大・抑うつ症状・めまい など

 

 

輸入代行など、個人で仕入れている場合はともかく。病院で医師から処方されている分については、いつでも相談することができるので大きな問題ではありません。

 

 

副作用は必ず起こるものではなく、あくまで「可能性がある」ということ。人体に後遺症が残るようなものはありませんので。

 

 

いずれにしても、AGAの治療としては最も効果があり、医学的にも根拠が認められている方法なのは間違いありません。

 

 

毎月数千円の出費が出ますが、育毛剤やシャンプーを高いものにするのと大差はありません。

 

 

仮に育毛剤の方がお金がかからないとしても、結果が出るものを選ぶ方が将来的にはプラスになるでしょう。