MENU

AGAの治療はどこで受ければ安い?全てにかかる費用も紹介

AGAの治療を受けるのはお金がかかります。可能であれば安く済ませたいものです。

 

 

ただ実際のところ、治療を受けると「どのくらいかかるのか」気になるかと思います。

 

 

AGAの治療はそもそも、どこで受ければよいのでしょう。病院・サロン・クリニックなどいくつかの選択肢があります。

 

 

当然ながら行く場所によって費用は違いますし、自由診療ですので同業によっても価格の差がでます。

 

 

求めるものはまず「AGAの解消」。

 

 

当然ここが解消されないと、いくら安くても意味がないですよね。

 

 

食事のように、お腹が満たされれれば満足というものでもありません。悩みを解決することが大前提です。

 

 

悩みを解消しつつ、費用を最低限に抑える組み合わせはどこか。

 

 

お金の問題は切実なだけに、しっかりとチェックしたいところです。

 

 

「AGA治療」と「お金」に関する疑問におこたえします。

 

 

1.まず、どこで治療を受けるべきか

 

 

お金が気になるかもしれませんが、優先順位は「効果がある場所>価格」です。

 

 

この点を抑えなければいけません。

 

 

理屈ではわかっていても、本能的に安さに引かれやすく、判断が鈍ることもあります。注意してくださいね。

 

 

薄毛治療であれば「病院・クリニック・育毛サロン」この3つが選択肢になります。

 

 

治療というくらいですから「病院」が良いのでは?と思うのは当然のこと。

 

 

AGAの治療に関していえば「病院」の治療はベストアンサーではありません。

 

 

クリニックでの治療を受けるのが良いです。

 

 

理由は簡単で、病院では専門の医師が治療にあたるわけではないからです。

 

 

AGAのコマーシャルを見るとあたかも、AGA治療を行っている病院で治りそうなイメージがあります。

 

 

ですが実態は違うのです。プロペシアという薄毛の進行を食い止める薬を処方するだけという現実。

 

 

診察もしますが、薬で副作用がないかどうかの確認だけ。

 

 

そもそもプロペシアは極めて副作用が少ないのです。厚生労働省が認可した薬ですから。

 

 

皮膚科もしくは内科がAGAの対象病院なのですが、本業はあくまでその科に関することです。

 

 

薄毛に特化した医師がいるのではなく、プロペシアを処方できますよという程度なのです。

 

 

薄毛のごく初期段階であれば、プロペシアだけでも改善します。

 

 

ですが自分の頭皮が現在、どの程度の進行状況なのか。プロペシアで大丈夫なレベルなのか。

 

 

当然ながら判断できませんし、専門医でないとわからないことです。

 

 

一か八かでプロペシアを処方して直す。プロペシアがタダならそれでもよいと思います。

 

 

ですが半年間、毎月1万近いお金をかけて薬を飲んで効かなかったという可能性も十分あるのです。

 

 

半年間が無駄になるのです。それであればAGAのクリニックで直接専門の医師に診てもらわないと、結局高くつくことになります。

 

 

ちなみに発毛・育毛サロンは論外です。病院やクリニックと違い「医療機関ではない」のです。

 

 

AGAへの効果が認められている薬や治療を行うことができません。医学的根拠のない治療ですので、ご注意ください。

 

 

AGAの治療費として、病院とクリニックとサロンを比べるサイトもありますが、そもそもクリニック以外で比較するのはナンセンスなのです。本気で治したいと考えているのであれば。

 

 

治療にはいくらくらいかかるの?

 

 

AGAクリニックでの治療にかかる金額は、個人の薄毛の進行状況によりまちまちです。

 

 

ただおおよその「相場」というものはあります。実際にご自身が治療を受ける際に、どのくらいになるのかお伝えします。

 

 

一般的な治療にかかる相場は「月2〜3万円」。これが半年ほどかかると思っておいたほうが良いです。

 

 

「高っ!」と思った方も多いのではないでしょうか。こんな金額毎月払うのは無理じゃないかと。

 

 

たしかにお気持ちわかります。

 

 

どうしてもここまでのお金をかけたくないのであれば、AGAの治療は難しいです。

 

 

根拠のない育毛剤を使うか、病院でプロペシアを使って進行をとめてください。残念ながら、選択肢は多くはないのです。

 

 

月2〜3万円の出費が、ずっと続くわけではありません。このことを覚えておいたほうが良いです。

 

 

AGAの治療で効果が表れる時期には差がありますが、半年もしくは1年で結果が出てくれば「もっと安くできる」のです。

 

 

髪が生えてきてヘアサイクルが正常化すれば、それを維持する作業に変わります。

 

 

AGAの治療は内服薬を処方するのが基本ですが、処方される薬の種類が徐々に減っていくのです。

 

 

「プロペシア・ミノキシジル・亜鉛などの栄養分」この3つがセットになっていることが多いのですが、徐々に2種類・1種類と減らすことができます。

 

 

そうなると月に数千円の出費で抑えることも可能なのです。

 

 

より安くしたいのであれば、輸入代行でお金をさらに抑えることができます。費用を「ソフトランディング」することができるのです。

 

 

月3万だとしてそれが1年で36万。2年目はそこまでかかりません。

 

 

どうしても毎月の出費を抑えたければ、医療ローンを組んで月1万の出費に抑えたり、ボーナスで一括どかんという方法もあります。

 

 

軽自動車を買うよりはるかに安いですので、1年間だけは頑張ってお金を払うのもアリかと。

 

 

今回紹介したのはあくまで一般的なケースです。はじめからもっと安い費用で治療できる可能性もあるのです。

 

 

それは実際に相談してみないとわからないのです。

 

 

幸いにもAGAクリニックには「無料カウンセリング」制度があります。

 

 

事前に逃避の状態を診断してもらい、今の状態なら"いくらくらい"お金がかかるのかを診断してもらえます。

 

 

実際にAGA治療を安く済ませたいと考えている方は、何社から無料カウンセリングを受けて費用を知り、最終的な判断材料にしている方も多いです。

 

 

「合い見積もり」のような感じですね。

 

 

こうしたことができるのは、育毛サロンのように強引な勧誘がないからです。

 

 

クリニックは医療機関なので、そこまで強引に売り上げをあげなくても人気があるということの現れなのでしょうが。

 

 

1社1社からしつこく勧誘されたら、とてもではないですけど「ハシゴ」なんてできませんからね。