MENU

agaで病院に行くのは恥ずかしい|周りの目が気になる貴方へ

AGAの治療を受けたいけれど、いざ病院に行くとなると恥ずかしくなる。

 

 

それは当然の気持ちかもしれません。

 

 

周りの目、看護師さんの目などいろいろ気になるところです。

 

 

どうやってAGA治療を受ける恥ずかしさを乗り越えるのか。髪が生える前の「第一関門」と言っても過言ではありません。

 

 

他の人はどうやって乗り越えているのか、実際はどの程度恥ずかしさに耐えるのか。気になる疑問についてお答えしていきます。

 

 

精神論で克服なんて、出来ない

 

 

ここで精神論などを言うつもりはさらさらありません。「恥ずかしいのはその時だけで、治療が終わったら忘れてしまう」と。

 

 

やっぱり恥ずかしいものは恥ずかしいのです。自分のコンプレックスを治すのに、「あの人薄毛治療している」と被害妄想になってしまうものです。

 

 

特に抜け毛が進行している場合は。

 

 

気持ちを強く持つ、気にしない。いろいろ考えるところはあります。病院で治療を受けようとするから恥ずかしいのです。

 

 

AGA以外の目的で病院に行く人と、同じ病院に行こうとするから恥ずかしいのです。

 

 

病院でAGAを取り扱っているところは、皮膚科や内科があります。いずれも、他の病気や疾患で来院される方ばかりです。

 

 

万が一、知り合いに会ったら。受付で「今日はどういったことで、いらしたんですか?」看護師さんとの問診で「薄毛の治療ですね」。

 

 

他の人には絶対聞かれたくない言葉だと思います。

 

 

AGAの治療は、専門病院で受けるのが良いです。

 

 

恥ずかしさが無くなるのはもちろん、治療のためには「専門病院」がベストという事実。専門病院とは「AGAクリニック」のことを指します。

 

 

どうしてクリニックだと恥ずかしくないのか、クリニックの方が治療に適しているのはなぜか。順にお話ししていくことにします。

 

 

クリニックだと、恥ずかしくない

 

 

AGA治療「のみ」で行く場所が「クリニック」です。一般の病院ですと、他の患者さんが気になるもの。

 

 

クリニックですと、知り合いに会うことはまずありません。(たまたま同じAGA治療でばったり、ということもなくはないですが) 

 

 

知り合いでなくても、他の患者さんに薄毛治療だと言うことを知られません。

 

 

なぜなら他の人はみんな、同じ悩みで来ている「同士」だから。恥ずかしくもなんともありません。その目的のために通院しているのです。

 

 

看護婦さんにしても同じ、自分たちの「お客さん」で来院する人を、笑うはずがありませんので。

 

 

多くのクリニックは、待合室も個室になっていたり、極力他の人と接点を持たないようにしているものです。

 

 

クリニックに着けば、恥ずかしいという気持ちより「どんな治療を受けるのだろう」という期待と不安の方が大きくなるはずです。

 

 

治療も病院より「クリニック」がよい

 

 

仮に恥ずかしさを克服できても、肝心の薄毛が治らないと意味がないワケです。髪を生やす・増やすことが目的ですから。

 

 

その面から考えても、病院よりクリニックの方が断然期待できます。

 

 

詳しくは病院とクリニックの違いのページをご覧下さい。

 

 

概要をおはなしすると、病院では他の病気などの治療の1つとして、AGAの扱いは重点を置かれていません。

 

 

現に形だけの診察で、あとはプロペシアの処方で終わりです。薬の仲介屋と言っても過言ではありません。

 

 

病院というと、クリニックよりも専門的な治療を受けられそうな「権威」を感じると思います。

 

 

AGAの世界では逆なのです。

 

 

クリニックの方が、専門の資格を持った医師が治療にあたってくれ、ベストな治療法を提案してくれるのです。

 

 

クリニックは高い、変なものを売りつけるというイメージも一部ではあるようです。

 

 

かつらが主力製品の「育毛サロン」では、そうした強引・高額な契約があります(一部では)。

 

 

クリニックは医療機関ですので、治療を受けてもらうのが目的になります。きちんとした場所なので、強引なことはありません。

 

 

あくまで治療を受ける側が希望すれば進む、という位置づけになります。

 

 

クリニックでは実際の治療に入る前に「カウンセリング」を無料で行います。そこで治療方針やかかる費用について提示されます。

 

 

それを元に家で検討し、やってみたいと思えば後日病院にいき正式な契約をするだけ。

 

 

あとは毎月1度、治療のために通う生活が必要になります。

 

 

皮膚科よりは高く付きます。ですが皮膚科での治療は「脱毛の進行阻止」しかできません。

 

 

クリニックは「脱毛阻止+育毛+発毛」と頭皮の一連の悩みを全てケアすることができるのです。

 

 

放置すると、もっと恥ずかしいことになる

 

 

いかがでしょうか。AGAは恥ずかしさという面からも、しっかりした治療という面からも「クリニック」が良いのです。

 

 

AGAは確実に進行するものです。

 

 

恥ずかしいからといって何も手を打たないのであれば、もっと頭皮が恥ずかしいことになるかもしれません。

 

 

AGAは治療すれば治るものです。まずはクリニックにいき、自分の頭皮状態がどうなのか。

 

 

いくらくらいお金をかければ治るのか。

 

 

たしかめてみることをオススメします。そこで強引に契約させられることはありません、

 

 

金銭的に無理だと思ったら辞めれば良いだけの話です。

 

 

育毛剤で気休め的なことをしても、AGAの進行は食い止められません。

 

 

中途半端にお金をかけるくらいなら、ゼロの方がましかもしれません。

 

 

髪、そろそろやばくなってきた。育毛剤を使うべき?

 

 

まだ本格的に薄毛にはなってないけど、鏡越しに見る自分の頭頂部がさみしく感じませんか。

 

 

「ケアしたいけど、何から手を付ければいいんだろう」

 

「鏡を見るのが怖くて、何も手がつけられない」

 

 

髪は手遅れになる前に、十分すぎるくらい準備をしておいて損はありません。頭が薄くなってしまうと、人生が終わったも同然になるくらいショックなことだから。

 

 

私は30代ですが、20代の頃からケアをしっかりしてきたので髪はキープできてます。いろいろ試行錯誤した結果、わかったことがあります。

 

 

大事なのは、"育毛剤とシャンプーをセットで考える"ことです。

 

 

育毛剤だけ使えばいい?そんなことはありません。シャンプーで頭皮環境を整えないと、どんなに良い育毛剤を使っても意味ないですからね。

 

 

ケアは早くはじめるのも大事ですけど、方向性も間違えないように気をつけた方がいいですよ。

 

 

-PR-