MENU

agaの治療法は病院で違いがある理由とその詳細について

AGAの治療を実際に受けたいけれど、病院ごとに治療法に違いがあるのか気になりませんか。

 

 

どこの病院に行けば、薄毛をしっかり治すことができるのでしょうか。

 

 

そもそも、治療を受けるところによって差があるものなんでしょうか。

 

 

気になるところだと思います。

 

 

それらの疑問について、お答えしていきたいと思います。

 

 

病院ごとに違いはある?

 

 

そもそも「病院」とは、どこのことを指すのでしょうか?

 

 

「えっ、病院ならその辺にある病院のことじゃない?」と思いますよね。

 

 

ところがAGAの世界では、病院は2つのタイプがあります。

 

 

1つは「病気を治療する病院」。皮膚科・内科・胃腸科などいろいろあります。

 

 

どこに住んでいても大なり小なりかかりつけの病院はあることでしょう。

 

 

もう1つは「美容目的で治療する病院」。クリニックと呼ばれるものです。脱毛したり、レーシックをしたり、シミそばかすをレーザーで消したり。

 

 

体の病気ではないけれど、コンプレックスを解消したい方が通うためのところです。

 

 

AGAの治療は、実は"どちらでも"受け付けています。

 

 

病院ですとAGAマークの看板やポスターなどを掲示しているところが該当します(ホームページでも掲載しています)。

 

 

クリニックはAGAの専門治療を行っているところがいくつかあります。

 

 

「病院」だと違いはない

 

 

病気を治す「病院」ですと、AGAの治療法は一律同じです。

 

 

皮膚科や内科で主に受け付けてくれますが、プロペシアという内服薬を処方して、「形だけの」医師の診察を受けるものです。

 

 

差があるとすれば、プロペシアの料金です。

 

 

医薬品なのですが健康保険の適用外なので、全額負担です。

 

 

病院側で薬価を設定でき、8000円から1万以上が月にかかる計算になります。

 

 

「病院」では医師が頭皮の状態をチェックすることも、具体的な治療を施すこともありません。

 

 

薬を飲んで効いているのか、副作用が出ていないのかの確認程度です。

 

 

どうして皮膚科などでこうした治療になっているのかは「皮膚科でのプロペシアにかかる費用と治療」のページを参考にしてみてください。

 

 

クリニックだと違いはある

 

 

AGAを専門的に診る「クリニック」では、専門医が診察・治療を行います。

 

 

一般的にAGAは、その人の頭皮状態や体質により治療法が異なるのです。

 

 

「病院」での治療は脱毛を予防するという目的だけに、薬を飲み続ける「自己流ケア」とも言えるでしょう。

 

 

それに対し「クリニック」は、髪を生やす・育てる所までを視野に入れて治療します。

 

 

今のAGAの進行状況では、過去の患者のデータそして調査研究で得たことを総合的に判断します。

 

 

そうして医師による治療方針と、具体的なケアが決定していくのです。薄毛が進行しているからこの薬でOK、ということにはならないのです。

 

 

CMでもAGAについて流れることがありますが、誰でも簡単に発毛しそうなイメージを抱きませんか?

 

 

たしかにAGAは治ります。

 

 

ですが経験豊富な医師による「適切な治療」を受けてはじめて「治る」までの道筋ができます。

 

 

クリニックって美容目的で治療する病院では?

 

 

序盤で「クリニックは美容目的の病院」と申しました。「AGAは病気ではないの?」と思うかも知れません。

 

 

たしかに髪を生やす毛母細胞の働きが阻害されるので、疾患に入るのではないかと思います。ですが分類としては「病気」に属さないのですね。

 

 

髪を生やしてキレイになりたい。表現が適切ではないかもしれませんが、そうした位置づけになるのです。

 

 

医療機関なんですが、我々がイメージする病院とは違います。なのでクリニックによって営業色が濃いところもあるのは事実です。

 

 

サロンのように育毛剤やヘアケア用品を売りつけられることはありません。「薬の処方」か「頭皮への注入治療」のいずれかを行うだけです。

 

 

中には契約を強引に勧めるところもありますので、注意した方が良いです。ただそうしたクリニックは、あらかじめ口コミで評判が出ていますので避けられます。

 

 

ほとんどのクリニックは、治療したい人を受け付けるという方針です。

 

 

クリニックではまず「無料カウンセリング」を行ってくれるのですが、その段階でいくらくらいの費用がかかるかを提示されます。

 

 

そこで検討して、治療を受けたいと思ったら後日申し込めば良いのです。決して決断を急がせたり、無理に契約させようとはしませんので。

 

 

どこの業界にも言えますが、一部の悪徳業者によって業界全体のイメージが悪くなることはよくあります。

 

 

たとえ100社あるうちの1社がそうだとしても、残り99社が色眼鏡で見られることも十分あることです。正しい情報をもって、適切な選択ができるようにしたいものです。

 

 

クリニックによる違いは?

 

 

AGAはクリニックによって、どのような違いがあるのでしょうか。中心となるのは「薬を使った治療」です。

 

 

プロペシア(内服薬)・ミノキシジル(外用薬)この2つを処方するのが基本形になります。

 

 

脱毛を抑えて、髪が生えやすい頭皮環境を整えるものです。

 

 

それらにプラスして、髪に栄養を与えるサプリが処方されます。このサプリがクリニックによりオリジナルが出る部分です。

 

 

実際に「発毛」に関わる部分ですから、各クリニックとも力が入っています。

 

 

AGAの進行が進んでいる方は、「注入治療」を数回行うことがあります。

 

 

メソセラピーと呼ばれているのですが、髪の元になる「幹細胞」や栄養分などを直接薄毛の場所に送り込む方法です。薬よりも直接的、かつ強力に作用します。

 

 

以上がクリニックで行う主な治療です。その人の頭皮状態により、「どの治療を・どこまで」行うのかが病院によって違うと言うことです。

 

 

今までの医師の経験とデータと勘が総動員されて、患者さんに最適な治療プランが提示されるわけです。

 

 

無料カウンセリングを行うときは、複数のクリニックで受けるのが良いです。

 

 

客観的に自分の頭皮状態が確認できるのと、より根拠のある治療法をしてくれるのはどこなのか。

 

 

比較することではじめて明らかになる部分もありますので、決して1社だけで即決はしない方が良いです。