MENU

薄毛を治療する費用|クリニックでかかる全てのお金を紹介

髪が細くなって地肌が見えるようになってきた。

 

 

もっとしっかりした髪をはやしたい場合、育毛剤では改善するのは難しいです。

 

 

病院での治療をするのが望ましいですが、いくらかかるのでしょう。

 

 

育毛治療に無尽蔵にお金をかけられる人は、決して多くはないでしょう。

 

 

現実的には、毎月支払える金額でなければ意味がありません。

 

 

実際の相場や、かかる費用はどのくらいなのかを全てお紹介します。

 

 

病院とクリニックの費用の違い

 

 

薄毛の治療すなわちAGAは、病院での治療をするのが一般的です。

 

 

この場合の「病院」とは、あなたの中でどういうものをイメージしますか。

 

 

普段ケガや病気で行くような「かかりつけの病院」を連想されるかと思います。

 

 

薄毛は病気でも疾患でもありません。病院で治療といっても、一般的な病院で本格的に治療が受けられるわけではありません。

 

 

治療するのであれば「AGAを専門に扱うクリニック」に通う必要があります。

 

 

感覚的にはレーシックに近いかもしれません。

 

 

近眼になるのは不便ですが、病気になっているわけでもありません。

 

 

厳密には治療ではなく美容です。薄毛治療も美容の分類に入るのです。

 

 

レーシックの場合でも専門の眼科に行くかと思います。AGAの場合も同じように、専門の病院=クリニックで治療を受けるのです。

 

 

一般の病院でもAGA治療としてプロペシアを処方してもらえますが、薄毛の進行防止にしか役立ちません。

 

 

髪を育てたい、生やしたい場合には役不足なのです。

 

 

病院ではいくらかかる?

 

 

病院ではプロペシアの処方になりますが、金額は1か月8000円〜13000円くらいが相場です。

 

 

自由診療ですので、価格は病院側で自由に設定できます。

 

 

もうけを多くとりたいところでは、当然高めの設定になっています。

 

 

病院によっては初診料が2000〜3000円ほどかかります。月に1度、病院で診察を受けて薬を処方する形になりますが、再診料は基本的にかかりません。

 

 

2回目以降の通院は、薬代のみになります。

 

 

クリニックではいくらかかる?

 

 

AGAのクリニックでも基本治療は薬代になります。

 

 

病院とは違い、プロペシアに加えてほかの内服薬、外用薬がプラスされます。

 

 

症状に応じて、メソセラピーと呼ばれる外部からの治療も行います。

 

 

一般的には月1〜3万円ほどかかります。あくまで一般的な金額になりますので、金額の前後はあります。

 

 

具体的に、クリニックではどこにいくらくらいかかるのかを詳しく見ていきましょう。

 

 

クリニックでの各工程での費用

 

 

まずはじめに、無料カウンセリングを行います。当然費用は一切かかりません。この時に、頭皮状態のチェックと治療に要する費用がわかります。

 

 

それをもとに、治療を行うかどうかの最終決定を行います。

 

 

金銭的に難しいのであれば辞退してかまいません。治療を強制されることはありませんのでご安心ください。

 

 

診察・検査費用

 

 

かかる金額:8000〜34000円

 

 

実際に治療にあたっての検査を行います。

 

 

診察をしなければ患者さんを知ることが出来ませんし、検査をしなければ血液や肝機能の状態が分からず治療を行えないからです。

 

 

金額の幅はクリニックによって開きがあります。

 

 

このあたりの金額は、キャンペーンで大幅に割引されるケースがありますので、こまめにチェックしておくことが必要です。

 

 

治療

 

 

AGA治療として高い効果が認められている薬を処方します。

 

 

プロペシアとミノキシジルの2つが、医学的に認められている成分です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)の相場は5,000〜7,000円で、ミノキシジルは5,000〜10,000円になります。

 

 

プロペシア単体で考えると、病院で処方してもらうより割安になります。

 

 

その分ほかの薬代がかかるので、安くしているのだと思いますが。

 

 

フィナステリドで脱毛を抑えつつ、ミノキシジルにより頭皮状態を整えます。

 

 

髪を元気にすれば良いレベルであれば、この2つの処方で終わりです。

 

 

髪を生やすことを目的にするならば、さらに栄養分を送り込む薬が加わります。

 

 

栄養分については、クリニックによって中身が異なる部分です。オリジナルの部分になります。

 

 

AGAの程度が浅い方で、プロペシア+ミノキシジルの1万円治療コース。

 

 

それ以上の方ですと、2万から3万円くらいになるのが相場です。

 

 

毎月の費用負担が重いと感じる方も、多いかもしれません。

 

 

AGAは症状が改善すれば、徐々に治療費は安くなっていきます。これから先ずっと、同じ金額を払わなければならないということはありません。

 

 

メソセラピーを追加する場合もある

 

 

脱毛がかなり進行している場合、頭皮から完全に毛が生えない場合。

 

 

こうした場合は薬だけでは難しく、メソセラピーを追加する処置も行われます。

 

 

メソセラピーは病院によって呼び名が違います。行っていることは「注入治療」です。

 

 

育毛・発毛に有効な成分を直接頭皮に浸透させることで、髪を成長させます。

 

 

薬は血液を通って頭皮に回りますので、時間はどうしてもかかります。

 

 

メソセラピーは直接届くので、効果が短い・強い効果が期待できる点が違います。

 

 

内服薬や外用薬にプラスして、ピンポイントで何回か行う形になります。この費用は正直高いです。最も安いところで1回2万円くらい。

 

 

おおよその相場は5〜8万くらいです。たった1回の治療ですが、結構な値段がするのですね・・

 

 

多い人でも数回で済む治療ですが、一回当たりの治療費が高いです。

 

 

メソセラピーは時期により、安くすることがありますのでこまめにチェックするのが良いでしょう。

 

 

いきなりメソセラピーの治療を追加して、高額な契約を組まされることはありません。

 

 

あらかじめカウンセリングの段階で治療費の提示がある際に、説明がありますので。

 

 

メソセラピーを考えると、治療費費が高くなりすぎるという心配があるかもしれません。

 

 

ただこのケースは進行度合いが進んでいる場合のみです。基本的には内服薬で済むケースが多いのです。

 

 

今自分がどの状態で、いくら治療にかかるのかは実際に診てもらわないとわかりません。

 

 

その人に合った最適な治療法を提示してくれますので、じっくり検討してみると良いでしょう。

 

 

カウンセリングは無料で受けられますので、複数のクリニックで話を聞く人も多いです。

-PR-